プロフィール

河野

Author:河野

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盗聴疑惑アンディコールソン(前)

Phone hacking: Andy Coulson offers to talk to police

The Downing Street communications chief, Andy Coulson, told police today that he would be happy to meet them voluntarily to discuss fresh phone-hacking allegations, as Scotland Yard said it was considering whether to reopen the investigation.

John Yates, the assistant Metropolitan police commissioner, said detectives were studying new allegations published by the New York Times last week.

Coulson, who is David Cameron's PR chief, has denied claims in the New York Times that he freely discussed the use of unlawful news-gathering techniques when he was editor of the News of the World. He responded today by saying he was willing to meet police to discuss the allegations.

Friends of Coulson said he had not been contacted by the Met. A spokesman for him said: "Andy Coulson has today told the Metropolitan police that he is happy to voluntarily meet with them following allegations made by [former News of the World reporter] Sean Hoare [in the New York Times].

"Mr Coulson emphatically denies these allegations. He has, however, offered to talk to officers if the need arises and would welcome the opportunity to give his view on Mr Hoare's claims."

The prime minister's spokesman today refused to say whether Cameron believed Coulson's denials. "Andy has made the position clear, and there have been a number of reports over the past few days but none of those reports change anything as far as the prime minister is concerned," the spokesman said.

Pressed on whether this meant Cameron believed Coulson, the spokesman said: "Obviously he accepts the position ... This has been gone over many times in the past. The prime minister accepts the position. He has full confidence in Andy Coulson. And he continues to do his job."

Later the spokesman said there was no signficance in the fact that he said Cameron "accepted" Coulson's statement, instead of saying he believed it. "That means the same thing," he said.

Ministers have been ordered to answer an urgent question on phone hacking in the Commons this afternoon. The question was tabled by the former Labour minister Tom Watson, a member of the Commons culture committee. Theresa May, the home secretary, will respond.

News International and Coulson face the prospect of a fresh parliamentary inquiry after Labour MPs said they planned to press for the issue to be referred to the powerful standards and privileges committee of the House of Commons.

Yates said there had already been a "very, very, thorough [criminal] inquiry" but conceded that there might be cause to revisit it. "We've always said if any new material, any new evidence comes to light, we'll consider it and that's what we are going to do in this case," he told BBC Radio 4's Today programme.

Any decision would be taken in consultation with the Crown Prosecution Service, Yates added. "This was a very, very thorough inquiry," he said. "It resulted in the conviction of two people, it resulted in a very complex area of law being clarified and it sent an extremely strong deterrent to other people."

イギリス政府の通信局局長アンディ・コールソンは
今日警察へ最近の電話盗聴の件で任意で
彼らと話し合いをする事についてロンドン警視庁が
取り調べを再開するかもしれないと言ってきた事と
同じくらい面白いと言いました。(強がったようふうに)

ジョン・イェイツ(ロンドン警視庁長官の助手)は
先週発行されたニューヨークタイムズで
刑事達が新しい申し立てを検討していると話しました。

コールソン(デーヴィッドキャメロンの広報担当者)は
ニュースオブザワールドの編集者を務めていた時、偏向報道を使って
自分に有利な議論をしていたというニューヨークタイムズ上の主張を否定しました。

彼は今日、警察と話し合いの為に会う事も辞さないと返答しました。

コールソンの友人は、
彼はロンドン警視庁から連絡は受けていないと言いました。
彼の代弁者は
「アンディ・コールソンは元ニュースオブザワールドのリポーターである
ショーン・ホアによるニューヨークタイムズ上での
ロンドン警視庁と対談を楽しみにしている」と言いました。

コールソンさんはこれらの主張を断固として否定します。しかしながら彼は、
必要性があり、ショーン氏への反論を歓迎してくれるなら
刑事達との話し合いにも応じると申し出てきました。

キャメロン首相がコールソンの主張を信じているのかどうかという質問に代弁者は答えず、
かわりに「アンディは自分の立場を明確にし、過去数日間いくつかの報告書もありましたが
それらは首相の見解を変えさせる程のものではありません。」と言いました。

これはキャメロンがコールソンの主張を信じているという事でしょうか。
代弁者は続けてこう言いました。
「彼は明らかに今の立場を受け入れており、この件は過去に何度も調べられている。
首相もまた今の立場を受け入れアンディ・コールソンを全面的に信用している。
彼は今の役職を続けるだろう。」

その後代弁者はキャメロンが彼の供述を
「受け入れた」ではなく、信じていると言った事が重要であるとし、
「それは彼の主張を支持しているのと同じ意味です。」と言いました。

大臣は今日の午後から電話盗聴に関する
しつこい質問に答えるよう下院へ命令しましたが
元労働党の大臣のトム・ワトソン、
下院文化委員会のメンバーによって見送られました。
しかし秘書官であるテレサ・メイは応じるでしょう。

ニュースインターナショナルとコールソンは
労働党下院議員達の、彼らは計画的に下院委員会に
強力な権威と特権をもって圧力をかけているという話の後、
議会からの新たな取り調べの見通しに直面しています。

イェイツは「それは非常に徹底した、まるで刑事上の取り調べのようだった。」
と言いました。彼はまたその場に戻って来るかもしれません。(捜査の参考とする為に)
「我々は既に言っているように、もし、この事件を明らかにするような新たな資料、
証拠が見つかったなら再び良く考えた上で捜査します。」と今日のBBCラヂオ4の番組で話していました。

いつくかの決議には検察庁からの意見も取り入れられるでしょうと、イェイツは付け加え、
「今回の調査は非常に徹底したものであり、人々の意見を二つに分け、
法律の面で分かり易く明らかにし、そして国の権威の強固さを人々に見せつけるものでした。」
とも言いました。

秋月便り←こちらに登録

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

TheFinancialTimes小沢一郎への評価

The wrong man for Japan
↑見られない場合はgoogle検索から入って下さい。

The wrong man for Japan
Published: August 29 2010 20:37 | Last updated: August 29 2010 20:37
If Dante’s version of hell had nine circles of suffering, then Japan’s version of politics must have at least nine circles of farce. After only three months in the job, Naoto Kan – the third prime minister in a year – is being challenged for the leadership of his party. The grizzled pretender for the job of leading Japan from its deflationary funk is Ichiro Ozawa, a man more used to operating from the shadows than in the international spotlight. If Mr Ozawa, who recently referred to Americans as “single-celled organisms”, becomes prime minister, he will be Japan’s most interesting prime minister since Junichiro Koizumi left office in 2006. He would also be a disaster.
Mr Ozawa, doubtless a multi-celled organism, has some interesting ideas. He was one of the first to suggest that Japan become a “normal nation”, throwing off its postwar legacy of leaving its defence in US hands. In the 1990s, Washington championed him as a political and economic reformer, but has cooled on him more recently. The last US ambassador to Tokyo could not even arrange to meet him when he was leading a revolt against a Japanese mission to refuel US ships operating near Afghanistan. Mr Ozawa has also advocated friendlier ties with China, yet is openly contemptuous of that country’s one-party system.

More than his confusing foreign policy stance, Mr Ozawa is unfit to be prime minister because of his domestic record. Though strategically brilliant, he is quixotic and destructive. He was instrumental in bringing down the long-ruling Liberal Democratic party in the early 1990s and again last year. On the first occasion, he went on to undermine the coalition, paving the way for the LDP to return to power after a short absence. This time, he may repeat the trick. If, as some predict, his leadership challenge splits the Democratic Party of Japan, the LDP could sneak back into office.
The Japanese public dislikes him. In a recent poll, 79 per cent of respondents said they did not want him returning to an important party post. (He quit as secretary-general in part because of an alleged funding scandal.) Yet so out of touch are Japan’s politicians that he may win anyway. With support from around half his party’s MPs, Mr Ozawa has a good chance of defeating Mr Kan in the leadership contest on September 14. If the DPJ makes him its head, and hence prime minister, it will have betrayed its promise to bring Japan a new kind of politics. If it goes on to surrender power, it will only have itself to blame.
Copyright The Financial Times Limited 2010. You may share using our article tools. Please don't cut articles from FT.com and redistribute by email or post to the web.

日本にとって良くない人
発行日: 2010年8月29日の20:37| 最終更新日: 2010年8月29日の20:37

もし、ダンテの世界の地獄が苦しみの9つの階層出来ていたなら、
日本の政治は、少なくとも9つの笑劇の階層で出来ているに違いない。

ここ1年で3番目の首相となった菅直人は仕事を始めてほんの3ヶ月後に
彼の党の指揮権について挑戦されつつあります。

小沢一郎はデフレの落ち込みから日本を救うふりをしている人物で、
彼は国際的なスポットライトを当てられる所よりは、
裏方を中心に活動する事に慣れた人物です。

小沢氏(最近アメリカ人を単細胞と呼んだ)
が首相になれば小泉純一郎が退職した2006年以来、
最も興味深い首相になるでしょうが、災害ともなるでしょう。

多数の細胞からなる有機体であろう小沢氏(皮肉)は
いくつかの面白い考えを持っています。
彼はアメリカの手による国防という戦後の負の遺産を
振り払い日本を「正常な国」にしようと言った最初の人達の一人でした。

1990年代に米国政府は政治上のそして、
経済の改革者として彼を擁護しましたが、ここ最近その情熱が冷めました。

彼が日本の行ったアフガニスタン近くのアメリカ軍用艦への
給油活動に反対した時、前の東京にいたアメリカ大使は彼と会う事さえできませんでした。
また、小沢氏は中国との友好的な結びつきを
強調していますが、中国の一党独裁政に対しては公然と軽蔑しています。

小沢氏が国内でしてきた事は、
彼の紛らわしい外交政策の姿勢以上に首相には相応しくないものです。
例え素晴らしい戦略的手腕を持っていようとも
彼は非現実的で破壊的なのです。

彼は1990年代前半と去年に再び、
長い支配を行っていた自民党を打ち倒す際に活躍しました。
自民党が自らの権力の座を取り戻そうと行動している僅かな隙に、
彼は機会を見つけ次第、連立政党をひそかに攻撃し続けました。

今回、彼はまたそのような策略を使うでしょう。
もし、彼の挑戦が民主党に分裂をもたらすなら、
誰かが言っていたように自民党が復権するかもしれません。

日本の民衆は彼が嫌いです。
最近の世論調査では回答者の79%が
彼が党の重要なポストに復帰する事を望んでいません。
(彼は政治資金のスキャンダルで幹事長を辞任していました)
だから、彼は恐らく勝つだろうにも関わらず
未だに日本の政治家達と接触していません。

彼の派閥であるおよそ半分の国会議員達の協力によって
小沢氏は9月14日の代表選で菅氏に対して十分な勝算があります。
もし、民主党が小沢氏を党首に、また今後首相に選ぶような事が有れば、
日本に新しい政治をもたらすという国民への約束を破る事になるでしょう。
小沢氏の権力に屈し続けるなら民主党は自分達への非難に苦しむだけです。

秋月便り←こちらに登録

間違いに気付いたら後で直すかもしれません。

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

管対小沢、海外の反応

Japan’s PM faces leadership threat
↑見られない場合はgoogle検索から入って下さい。

Japan could have its third prime minister in a year after Ichiro Ozawa, the scandal-ridden Democratic party heavyweight, announced that he would challenge Naoto Kan, prime minister.

The controversial but extremely influential politician said he would run against Mr Kan in the party’s September 14 leadership contest. By entering the race, Mr Ozawa has brought to the fore a deep split that has plagued the ruling DPJ since it came to power in a historic election last September.

“I decided to enter the race … after former prime minister Yukio Hatoyama said he would like to support me fully,” Mr Ozawa said after meeting the former leader.

Mr Hatoyama, who stepped down as prime minister in June, had previously lent his support to his successor Mr Kan.

Mr Ozawa’s move comes as Japan increasingly worries about a possible double-dip recession. The Japanese economy has been hit by a sharp rise in the yen, a slowdown in exports and weak domestic demand.

The leadership challenge also adds to the policy paralysis that has characterised the DPJ since Mr Kan replaced Mr Hatoyama as prime minister just over two months ago.

The DPJ won a landslide victory last September, ending decades of rule by the Liberal Democratic party. But it has since been plagued by scandals, internal bickering and policy U-turns. Mr Hatoyama was forced to resign after just nine months over a financial scandal.

The DPJ now faces an Upper House dominated by opposition parties, a situation that is likely to lead to further policy paralysis as the prime minister and his key cabinet ministers focus on the election.

Depending on the outcome of the poll, in which 345,287 Democratic party politicians and party members, will vote, Japan could have a new prime minister with a very different policy agenda from Mr Kan.

Mr Ozawa has been critical of Mr Kan’s calls for raising the consumption tax and his support for an agreement with Washington to re-locate a US marine base in Okinawa.

The blunt Mr Ozawa was highly critical of the US this week. In comments that were unusually direct for a Japanese leader, he said: “I like Americans but they’re somewhat [simple] like single-celled organisms.”

With the support of Mr Hatoyama and his followers, Mr Ozawa has a slightly better than 50 per cent chance of winning on the basis of the parliamentarians’ vote.

However, Takao Toshikawa, editor of Insideline, a current affairs newsletter, said the outcome would be hard to predict as the Japanese public is highly critical of Mr Ozawa, who has been embroiled in a scandal over political funds.

Analysts said that Mr Ozawa was likely to leave the DPJ, taking his 40 followers with him, if he loses. That could result in political realignment, could even pave the way for the Liberal Democratic party to return to power.

Osamu Suzuki, chairman of Suzuki Motor, said he would rather that the DPJ prioritised the economy over its own political manoeuverings.

“I would like them to fight their battle after they implement measures to ensure Japan does not sink [as a result of the yen’s rise]”, Mr Suzuki said.


醜聞まみれの民主党の重鎮である小沢一郎が現首相である菅直人に挑戦するだろう
と発表した事によって日本は1年間で3番目の首相をもつ事が出来るかもしれません。

この件は議論を呼びましたが、ある非常に有力な政治家は
小沢は9月14日の代表選挙で管に対抗して立候補するだろうと話していました。
出馬するにあたり、小沢は去年9月の歴史的選挙以来の
党内に不和をもたらした民主党への支配的な権力を前面に持ち出しました。

「前首相である鳩山由紀夫が私に十分な支援をしたいといった事で出馬を決意した」
小沢は前首相との会合の後でこう言いました。

6月に首相を辞任した鳩山氏は彼の後任である菅氏に援助を与えていました。

小沢氏の動向は日本経済におけるに不景気の二番底に対する不安をますます強くさせます。
日本経済は円の急激な上昇、輸出と弱い内需によって打撃を受けました。

この挑戦は菅氏が鳩山氏の後任として首相になった丁度2ヶ月前からの
民主党らしい政策に麻痺もまた加えます。

民主党は去年の9月に圧倒的な勝利を収める事で
自民党の数十年に及ぶ支配を終わらせました。
しかしそれ以来醜聞、内部での口論と政策の転換に苦しんでいます。
鳩山は丁度9ヶ月前に金融がらみの不祥事で辞任せざるを得なくなりました。

民主党は野党が優位を占める参議院で現首相と
その内閣の大臣達が選挙に関心を集めている時、
より一層の政策の麻痺を進める事態に直面しています。

345287人の民主党の政治家と党員の投票結果によって
日本は菅氏の政策課題と非常に異なる首相をもつ事が出来ます。

小沢氏は菅氏の消費税引き上げの予報と彼が賛成した
ワシントンとの沖縄の米海軍基地移設に関する協定を厳しく批判しています。

無遠慮な小沢氏は今週アメリカを酷評しました。
その意見は日本のリーダーとしては滅多に無い率直なものでした。
彼は言いました。
「アメリカ人は好きだが彼らは単細胞なところがある。」

鳩山氏とその支持者の援助によって小沢氏には
国会議員達の票に基づいて50%より少し高い勝ち目があります。

しかしながら、インサイドライン
(現在流通している時事通信)の編集者、歳川隆雄は
日本国民は政治資金上のスキャンダルに巻き込まれた
小沢氏を非常に厳しく批判しているため結果の予想は難しいと話しました。

アナリストは、もし小沢氏が負けるなら
彼は彼の支持者40名を引き連れて民主党から去るだろうと言いました。
それは政党の再編成という結果に終わらせる事や
自民党の権力の返り咲きへの道を敷く事さえ出来たでしょう。

スズキ自動車の社長、鈴木修は
民主党は身内への政治工作よりは
経済を優先した方がよいと言いました。

「私は日本が円の上昇によって沈没しない事を
 保証する法案を実施した後で戦ってほしい」
鈴木氏は言いました。

秋月便り←こちらに登録

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

地理における中国の力(2)

The Geography of Chinese Power

China's blessed geography is so obvious a point that it tends to get overlooked in discussions of the country's economic dynamism and national assertiveness. Yet it is essential: it means that China will stand at the hub of geopolitics even if the country's path toward global power is not necessarily linear. (China has routinely had GDP growth rates of more than ten percent annually over the past 30 years, but they almost certainly cannot last another 30.) China combines an extreme, Western-style modernity with a "hydraulic civilization" (a term coined by the historian Karl Wittfogel to describe societies that exercise centralized control over irrigation) that is reminiscent of the ancient Orient: thanks to central control, the regime can, for example, enlist the labor of millions to build major infrastructure. This makes China relentlessly dynamic in ways that democracies, with all of their temporizing, cannot be. As China's nominally Communist rulers -- the scions of some 25 dynasties going back 4,000 years -- are absorbing Western technology and Western practices, they are integrating them into a disciplined and elaborate cultural system with a unique experience in, among other things, forming tributary relationships with other states. "The Chinese," a Singaporean official told me early this year, "charm you when they want to charm you, and squeeze you when they want to squeeze you, and they do it quite systematically."

中国の恵まれた地理はあまりに明らかである為
国の経済的力動説や国家的自己主張のの議論において忘れられる傾向のある点です。

しかしそれが大事な点です:それは例え国の経路が
グローバルパワーに必ずしも直結していなくとも
中国が地政学的な中心に立てる事を意味するからです。
(中国は過去30年間10%以上のGDP成長率が有りましたが
 次の30年はほぼ確実に持続出来ません。)
中国は西洋形の現代性と古代の東洋を思い出させる「水力文明」
(灌漑を中央集権的に管理した社会を説明する為に
 カールウィットフォーゲルが創った用語)
を激しく結合しました。
中央管理のお陰で体制は例えば主要なインフラを
建設するのに数百万の労働力を得る事が出来ます。
この妥協の多い民主主義では出来ないやり方で中国を
冷酷で活動的にしています。
中国の共産党支配者層-4000年前から続く約25の名家の御曹司達-は
西洋の技術と習慣を吸収して訓練と他の州との関係(宗主国と属国)で得られた
ユニークな経験で出来た入念で文化的な体系によってそれらを統合しています。
「中国人」のシンガポール人官僚は今年早々私に言いました。
彼らは貴方を魅惑したい時、搾り取りたい時、全く体系的にそれらを行います。

地理ではなく地政学と訳した方がいいところが有ります。
タイトルも「地政学における中国の力」にすべきかもしれません。

just because they would add an oceanic frontage to
the resources of the great continent,
なぜなら中国の偉大な資源に海洋の第一線を加える事になるからで

この前秋月にてここは第一線ではなく
第一列島線と訳すべきだというご指摘を受けました。
第一列島線は中国が、軍事的に強く干渉してくる地域、
第二列島線は経済的に干渉してくる地域という意味で
中国の軍事戦略上の概念です。

秋月便り←こちらに登録






テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

地理における中国の力(1)

The Geography of Chinese Power

The English geographer Sir Halford Mackinder ended his famous 1904 article,
"The Geographical Pivot of History," with a disturbing reference to China.
After explaining why Eurasia was the geostrategic fulcrum of world power,
he posited that the Chinese, should they expand their power well beyond their borders,
"might constitute the yellow peril to the world's freedom just because
they would add an oceanic frontage to the resources of the great continent,
an advantage as yet denied to the Russian tenant of the pivot region.
" Leaving aside the sentiment's racism, which was common for the era,
as well as the hysterics sparked by the rise of a non-Western power at any time,
Mackinder had a point: whereas Russia, that other Eurasian giant,
basically was, and is still, a land power with an oceanic front blocked by ice,
China, owing to a 9,000-mile temperate coastline with many good natural harbors,
is both a land power and a sea power.
(Mackinder actually feared that China might one day conquer Russia.)
China's virtual reach extends from Central Asia,
with all its mineral and hydrocarbon wealth, to the main shipping lanes of the Pacific Ocean.
Later, in Democratic Ideals and Reality,
Mackinder predicted that along with the United States and the United Kingdom,
China would eventually guide the world by
"building for a quarter of humanity a new civilization, neither quite Eastern nor quite Western."

イギリス人の地理学者ハルフォード・マッキンダー氏は1904年に書いた彼の有名な論文の最後で
中国について不安をかき立てる言及をしつつ「歴史の地理的な要点」について述べています。
何故ユーラシア大陸は世界の力の地理戦略上重要な支点なのかを説明した上で
中国がその力を国境を越えて拡大した場合、世界の自由による黄禍2を構成する可能性があるとしています。
なぜなら中国の偉大な資源に海洋の第一線を加える事になるからで,
これはその地域の要であるロシアにとって未だに受け入れられない優位性です。
感情面での人種差別主義はそれはそれとして、これは当時一般的な事でどんな時でも
非欧米の大国が台頭してきた時にヒステリーの火花が散るのと同じで、マッキンダー氏は的を射ていました。
つまりユーラシアのもう一つの、本来、そして今も大国であるロシアが海洋との接点を
氷原で塞がれていたのに対して中国は9000マイルに及ぶ温暖な海岸線に良好な天然の港を
多くもっているので陸上の強国であると同時に海洋の強国でもあります。
(マッキンダー氏は実際に、いつの日か中国がロシアを征服するのでないかと恐れていた。)
中国の実質的な勢力は鉱物や炭化水素の豊富な中央アジアから、太平洋の主要な海上交通路にまで伸びています。
その後マッキンダー氏は民主主義の理想と現実の間で、アメリカやイギリスと並んで中国がやがて
人類の1/4にとって全く東洋的でも西洋的でもない新しい文明を構築する事によって人類を導いていくだろうと
予測しました。

秋月便り←こちらに登録

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。