プロフィール

河野

Author:河野

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野田総理の税制改革に関する宣誓

Japan PM Noda in tax reform pledge

日本の首相は負債に取り組む為の新しい議会の招集を宣誓しました。

野田佳彦氏は2015年までに消費税を今までの2倍である10%にしようと呼びかけています
(有権者から大きな不評を買うと思われる)。

彼の呼びかけは中央銀行から成長予測を格下げされた頃より始まりました。
日銀はそれが本年度の会計の縮小と0%に近い利率の維持に繋がるだろうと予測していたと言いました。
日銀はヨーロッパの負債問題と円高が成長を妨げたと言いました。

野田氏はこれ以上国債への取り組みも、野党への税金と
社会保障改革に関する会議への呼びかけもこれ以上引き延ばせないと言っています。

彼は3月までに国会に法案を提出するつもりだと言いました。

遅すぎる

「現行の制度が変わらなければ将来の世代にとって耐えられないものになります。
我々に改革を先延ばしにする時間はありません。」
野田氏は国会でこう発言しました。
「一度国家の信用が失われれば取り返しがつきません。それはヨーロッパ諸国の現状を見れば明確です。」

野田氏は長く討論された税制改革を彼の政治的な予定の重要部分にしました。

しかしながら内閣府は火曜日午前、増税が施行されても目標である2020年までの
予算の安定には届かないだろうと言いました。

日本が抱える国債問題は世界最大です。

日本銀行は次の会計年度での成長率の予想を、
10月の2.2%から2%へと引き下げました。

「日本の経済活動は主に海外の経済の失速と円の高騰を原因に
大きくも小さくもなく水平でした。」日本銀行は言いました。


2月11日、遠隔医療のライブ中継を電動船上で行います。
詳細につきましては秋月便りを参照にされてください。

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。