プロフィール

河野

Author:河野

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガイガーカウンター勉強会に参加して

メルマガに投稿した物を掲載します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この度私は11月27日夜の「ガイガーカウンター勉強会」に参加しましたので、
そこに至るまでの経緯と、当日参加した感想を書かせて頂きたいと思います。

「ガイガーカウンター勉強会」は私も含め東日本(特に関東)にお住まいの方
の被曝量を少しでも抑えようということで、去る4月3日、5月29日に引き続き
3回目の試みとなります。

今回は遠隔教育「秋月」のこれまでの活動の総決算として、個々人が取り組ん
でいる内容の成果を、それぞれ目に見える形で紹介するという目的も兼ねてい
ます。具体的に申しますと、G-Watcher V2を取り扱っている方はそれについて
の詳しい説明をし即売する、室内水耕栽培を取り組んでいる方は生育した実際
の作物の展示やその過程を紹介する、といった具合になります(夜の部でそれ
ぞれ発表した内容は、先日の秋月便りで既に紹介させて頂きました)。

1.会場下見

この勉強会を開催するにあたり、過去3回開催した経験や反省点を踏まえ、予
め会場の下見を開催1週間前となる11月19日(土)に行いました。今回は様々
なな方が様々な展示内容を行いますので、机、演台、椅子の寸法、部屋の縦横
の測定、コンセントの数、位置のほか、一部の発表者で非常に重要となる無線
通信(WiMAX、3G回線(携帯の通話、ネット))の使用可否について確認しました。

2.放射線量の測定

関東に在住している私は石原都知事が放射性物質を含む可能性がある「震災ガ
レキ」の受け入れを表明し、しかもこれらのガレキはマスメディア等による独
自の線量測定をさせないというニュースや、去る10月19日に、各種公的機関が
多数存在している東京都の虎ノ門で「中性子線が検出された」というニュース
を聞いて我が耳を疑いました。特に「中性子線」は多くの方が使用しておりま
す一般的な「ガイガーミュラー管式カウンター」では計測出来ない上、以下の
ようにα線、β線、γ線に比べて遥かに強力な放射線です。

--------------------<引用開始>--------------------
3.中性子の特徴
・核分裂によって発生した中性子は非常に大きなエネルギー(平均 200 万電子
 ボルト:2MeV) をもち、非常に高速である(光の速度の 10 分の1程度)。
・電荷をもたないので透過力が強く、電子とは相互作用せずに原子核と衝突し
 散乱される。
・鉄や鉛を通過してもなかなか減衰しない(質量数1の中性子が、質量数の大
 きな原子核にぶつかっても、跳ね返ったときの速度は落ちない)。中性子を
 遮蔽するためには、水やポリエチレンのように水素をたくさん含む物質が有
 効である。
・何回も衝突を繰り返すうちに、中性子の速度が落ちてエネルギーが下がる。
 周囲の温度と平衡状態となった中性子は熱中性子(平均速度毎秒 2000m)
 と呼ばれ、原子核に吸収されやすくなる。
・中性子を吸収した原子核は多くの場合、放射能をもつようになる。
 ナトリウム(23Na)では、
 23Na(陽子 11、中性子 12)+n
 ↓
 24Na(陽子 11、中性子 13:半減期 15 時間でベータ崩壊)

4.中性子被曝の特徴(一部抜粋)
・ガンマ線やベータ線に比べ、中性子被曝にともなうイオン化は、その軌跡に
 そって密に生じる (高 LET 放射線)。そのため、同じ被曝量(吸収線量D:グ
 レイ)であっても、中性子被曝の場合は影響が大きくなる(表1)。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 表1 中性子はガンマ線に比べどれだけ大きな影響をもたらすか(ICRP60より

 ・腫瘍誘発 約3~約200倍
 ・(腫瘍誘発にともなう)寿命短縮 15~45倍
 ・形質転換  35~70倍
 ・染色体異常など 40倍~50倍
 ・哺乳動物の遺伝学的影響 10~45倍
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出典:2000年3月17日 <JCO臨界事故>中性子とその被曝について
京都大学原子炉研究所 原子力安全グループ 今中哲二助手
(PDFファイル)
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/im000317.PDF 
--------------------<引用終了>--------------------

秋月メンバーには幸い、中性子線も測定できるシンチレーション式カウンター
を保有している方がいました。これらの内容で危機感を覚えた私はこのシンチ
レーション式カウンターを借り、東京各地の放射線量を計測しその結果を発表
する事で、講師としての経験を積む事にしました。

3.測定使用機種、測定方法

○測定使用機種:NeutronRAE2 PRM-3020(米国・レイシステムズ社製)
・測定線源:ガンマ線(μSv/h、またはcps:1秒当りのカウント数表示)と、
      中性子線(cps表示)
 (機器起動時にそれぞれの応答性能はガンマ線:2秒、中性子線:5秒)

○測定方法
 地表から約1.5mの高さで歩きながら各10-30分測定、
 測定機器を地表面に置いて各1分測定

○測定日と場所
 高線量を測定した報告がある地域、震災ガレキを受け入れ焼却を行っている
 ところを中心に、以下の地点を測定しました。
 11月23日 東京都足立区千住旭町,荒川区南千住,江東区青海
 11月27日 葛飾区亀有,江戸川区南小岩,港区高輪

(測定結果)
・空間線量
  千住旭町:0.11μSv/h
  南千住 :0.15μSv/h
  青海  :0.09μSv/h
  亀有  :0.18μSv/h
  南小岩 :0.17μSv/h
  高輪  :0.07μSv/h

・表面線量
  千住旭町:0.11μSv/h(側溝)
  南千住 :0.19μSv/h(排水溝)
  青海  :0.10μSv/h(芝生)
  亀有  :0.47μSv/h(排水溝)
  南小岩 :0.29μSv/h(排水溝)
  高輪  :0.08μSv/h(排水溝)

 ※中性子線はいずれの測定でも検出されず。
 また、空間線量、表面線量共に最も高かった場所の物を記載しています。

(比較対照)
メンバーの方から頂いた西日本の数値も記載します。
  高知県北部・梶ヶ森登山道中腹(11月14日測定)
  空間線量:0.02μSv/h
  地表の表面線量:0.03μSv/h
  中性子線:検出されず

(今回の測定を行ってみて)
測定を行う数日前の11月19日に関東一帯で大雨が降ったことが影響しているた
めか、今回はそれほど高い数値はでませんでしたが、高知県での測定結果と比
較しますと、関東は放射性物質に汚染されていることがうかがえます。

表面線量率につきましても私がホットスポットを探し当てていない可能性が高
く、また青海では現場の警備員さんからは大きさが3倍になった植物を見たと
の情報も頂いているため、安心は出来ません。

このように現在東日本(特に関東)は確実に危険な状況なのですが、ネットを
見ていると1万円、2万円の安い異なった機種で平均値もとらず計測して高い
数値が出ればすぐにツイッター等に書き込みその後すぐに撤回するといったよ
うな、ただ過敏に反応してネット上で混乱を拡大するだけの方々が増えている
ように思います。

今回の計測に携わることで、自分の足で直接調べる事と日頃秋月メンバー達と
行っている、共通の機種の整備と、集団訓練への参加という地道な努力が、身
を守る上で如何に重要であるかを再認識しました。

勉強会では来場者の方から寄せられた今回の計測結果、使用した機種や計測方
法、放射線に関するご質問に私がお答え出来る範囲で回答し、目的の1つであ
る「講師としての経験を積む事」も無事に果たす事ができました。

今年も残り僅かとなりましたが、今回の経験を生かして来年も邁進していきた
く思いますので今後とも宜しくお願致します。

<重要!>

「新年会2012」開催のお知らせ

新年会2012を開催致しますので興味を持たれた方は秋月便りにて、詳細をご確認ください。
ネットで喚いたり、ヒステリックなデモに参加するより有効な反原発運動の方法をお伝えします。

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。