プロフィール

河野

Author:河野

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャドウ・マーケット(3)

57ページ

シカゴのエクゼクティブ・サーチ会社ハイドリック・アンド・ストラグルズの報告書によると、2009年の金融業界の明らかな雇用トレンドの1つは、西側諸国の投資専門家たちが、世界の政府系ファンドに移っていくことだという。この会社の話では、この傾向は2010年にかけて増加する見通しだ。中国の、複数の金融会社はニューヨークと他の都市で就職説明会を開き、投資業界での経験を持つ数百人の労働者を雇い入れた。ペルシャ湾諸国のSWFのなかには、過去に西側諸国のヘッジ・ファンド、またはプライベート・エクイティ投資会社で働いたことのある経験者しか新規では採用しないというところもある。


欧米の投資の専門家達でさえアジアの富裕国や富裕層に
鞍替えして自分達のノウハウを提供しています。
震災で決定的な打撃を受けた日本が
このまま没落していく欧米に付き合い続けTPPや
欧州債の購入を受け入れれば、
更なる円高の促進によって産業が空洞化し
フラット化された労働力によって数少ない低賃金の仕事も奪われ、
安価ですが緩い基準の粗悪な食料、製品の流入で国民の生活が壊滅します。
しかし日本政府は自分達の利権を守るため最後まで欧米に追従するでしょう。
その結果として近い将来、国民、特に若者は
利権団体にしか職のない北朝鮮の様なスラム国日本で
重税、失業、放射能の苦しみを味わうことになります。

秋月便りを購読して遠隔学習御蔵にご参加ください。
2011年11月2日(水)~4日(金)にかけて開催される
アジア・スマート・グリッド 2011 に関するご質問も受け付けております。

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。