プロフィール

河野

Author:河野

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勃発!第3次世界大戦(3)

アジアでは中国と北朝鮮について次のニュースを用いて述べられています。

尖閣諸島中国漁船衝突事件

尖閣諸島中国漁船衝突事件(せんかくしょとうちゅうごくぎょせんしょうとつじけん)とは、2010年9月7日午前、中国漁船が日本の領海である沖縄県尖閣諸島付近で違法操業し、その後日本の海上保安庁の巡視船に衝突してきたことに端を発する一連の事件。尖閣漁船事件、中国漁船衝突事件とも呼ばれる。


延坪島砲撃事件

延坪島砲撃事件(ヨンピョンドほうげきじけん)は、2010年11月23日に大延坪島近海で起きた朝鮮人民軍と韓国軍による砲撃戦と、それを発端とする北朝鮮・韓国間の緊張の高まりなど一連の事件のことである。


漁船衝突事件は中国のアメリカの出方を探る為の揺さぶりで、
砲撃事件に関しても韓国海軍が軍事演習を強行したから起こったのだそうです。

中国政府は政治腐敗と格差の拡大による国内の暴動と各自治区独立派からの
ゲリラ活動で大変不安定な情勢に陥っています。
また北朝鮮は知っての通り貧困から食糧難が深刻化しており
人肉を売買している所もある有様で、遂に暴動が起き始めています。
その上韓国と揉めて食料支援が受けられなくなれば、
軍内部からもクーデターが起こるかもしれません。
両国とも消耗が進んで動けなく前に戦争を始めて自国を立て直そうとするでしょう。

独立派ゲリラはCIAから戦闘教育と武器供給を受けており
延坪島砲撃事件も休戦ラインで
韓国海軍に在韓米軍が軍事演習をするように命じたと言われています。
これが本当だとすると両国とも裏では、
軍産複合体であるアメリカが戦争を起こす為に
暗躍しているということになります。

秋月便りを購読して8月28日の京都会議にご参加下さい。
また本日19日の遠隔学習「御蔵」にて京都会議に関するご質問も受け付けております。

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。