プロフィール

河野

Author:河野

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我孫子の計測結果

5月2日、naturalさんの計測にご一緒させて頂くべく、我孫子に行きました。

原子力発電事故に伴う放射線量率について(5月2日現在)

我孫子市では放射線の測定は行っておりません。我孫子市に最も近い測定地点の測定結果は、福島第1原子力発電所の南南西約170km、我孫子市の北北東約24kmに位置する茨城県つくば市における測定値です(独立行政法人 産業技術総合研究所つくばセンター災害対策中央本部公表)。
 市民の皆様から「我孫子市は通常に生活するのに問題があるか否か」についてのお問い合わせがありますが、独立行政法人 放射線医学総合研究所から平成23年4月14日(木)付けで「(1日8時間外にいたとして)普通に生活して下さって問題ありません。」(放射線被ばくに関する基礎知識 第6報)という見解が出されています。

5月2日 9:00計測(単位:マイクロシーベルト/時)
北茨城市役所 0.214
産業技術研究所つくばセンター 0.10
千葉県環境研究センター(市原市) 0.048
問 手賀沼課 内 463


との事ですが、実際の計測では、このような結果になりました。

ピクチャ 2

放射性物質は空気より重い物が多いため健康被害を
考慮すれば土壌に近いところで計測するの自然です。
他の場所でも政府の公表しているデータとだいぶ食い違いが発生しているようですが
一体どのくらいの高さで計測しているのでしょうか?

このような結果や被災地への対応を見ればお分かりの通り、
政府は国民の健康に対して何の関心もなく
自分達の損害をどれだけ抑えられるかしか頭に有りません。
つまり言う事を聞いてその場に留まっていても殺されるだけという事です。

5月の千葉セミナーでは身を守る為の専門医の講習や高性能放射線測定器の販売、
関西への移住案内が行われる予定ですので是非いらして下さい。↓
見て見ぬ振りをしても放射能汚染は進行しますので
今行動しなければ10年後20年後に後悔する事になるでしょう。

■--------------------------------
5月千葉イベント:5月29日開催!

政府発表は信用できない!
実際、ガイガーカウンターで計測してみると、政府発表と、実測データに大きな乖離が・・・。
「政府が行っているから・・・」と思っていると、水俣表、アスベスト問題点と同じことに。

日時:5月29日 13:00から2時間
内容:
千葉県、茨城県下の測定値の発表(未公開含む)や、福島原発事故が及ぼす健康への影響、
被曝の影響から子供達を守るには?、また、今回の原発震災で避難した方の生の話、そこでの苦労など、聞くことができます。

放射能から身を守るにはどうすればよいのでしょうか。

参加費:要(1000円程度を予定しています)

申込み受付:下記、メールアドレス宛に氏名(よみ)、連絡先、参加人数をご記入のうえ
ご連絡ください。
    メールは、nozomu.m@gmail.com まで。


なお、件名は、「【5月千葉イベント】」と記載ください。
お問い合わせも受け付けております。

会場の収容人数に限りがありますので、申し込みはお早めに。
■--------------------------------

110502_1721~0001
↑この計測された土は千葉セミナーに出展されます。

秋月便り←今の日本を変える為にはまず300名必要です。







コメントの投稿
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。