プロフィール

河野

Author:河野

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスは馬鹿(STUPID)になってはならない。

The UK mustn't be STUPID
イギリスは馬鹿(STUPID)になってはならない。

The PIGS (Portugal, Italy, Greece and Spain) are old hat. The new acronym on trading floors for possible dominoes if Greece should fall is STUPID (Spain, Turkey, UK, Portugal, Italy, Dubai).

This should worry the UK. It's not one of the PIGS but is considered STUPID. Given the way such acronyms can become contagious, the UK needs to distance itself from the others.

First, politicians must avoid any comparison between the UK and Greece. David Cameron, the Conservative leader, is making a grave error in underlining the similarities. It may, at the margin, help him win the election. But the more Greece and the UK are associated in the mind of the markets, the worse.

Second, the Government needs to produce a credible Budget. Ideally this would include enough fiscal tightening to show that the UK, with a 2010 budget deficit forecast at 13pc of GDP, is on the path to responsibility, while not slamming on the brakes so hard the country is tipped back into recession.

The gap between the Scylla of irresponsibility and the Charybdis of renewed recession is narrow.
In an election Budget, the temptation will be to steer closer to the former. But that is more dangerous.

Finally, the Government should comprehensively identify all the major ways in which the crisis could spread to the UK and draw up associated contingency plans.

One risk is that the UK is unable to fund new borrowing while also refinancing the roll-over of its existing mountain of government debt. Then there is the possibility that a crisis erupts in the middle of the campaign, when politicians are away from their desks.

Appropriate Plan Bs might include putting in place contingency financing, and identifying an economic war cabinet that could meet even in the heat of electoral battle.

For the UK not to protect itself in these ways would be truly STUPID.

PIGS(ポルトガル、イタリア、ギリシャ、そしてスペイン)は対応が時代遅れです。
もしもギリシャが倒れたなら新しい頭文字語はSTUPID(スペイン、トルコ、イギリス、ポルトガル、イタリア、ドバイ)になるでしょう。

イギリスは憂慮すべきです。
イギリスはPIGSの内の一つではありませんが、
STUPIDの一つであると思われれおり
STUPIDに加わるやり方を遠ざける必要が有ります。

まず最初に政治家は、
イギリスとギリシャ間のあらゆる比較を避けなければいけません。
デヴィッド・キャメロン(保守党党首)は相似点を強調するという重大な誤りを犯しています。
票が入り彼の選挙の助けになるかもしれませんが、
イギリスとギリシャをより関連づければ市場心理は悪化していきます。

第二に、政府は確かな予算を用意する必要が有ります。
理想的なのは、財政を強く引き締め2010年の13%にもなる
財政赤字のGDP比率に対する責任を見せる事です。
しかし、相当強くブレーキを踏まないと、国は不況で傾いてしまうでしょう。

無責任(スキュラ←神話の怪物)と不況の(カリュブディス←竜巻)の差は少ないです。
選挙において無責任な予算案は誘惑となるでしょうが、それは危険な事です。

最終的にイギリスは包括的に危機の拡大への対策を確認し、
関連の予備案も用意するべきです。

リスクの一つは、新しく資金を借りる事も、
今ある膨大な負債の中から借り繋ぐ事も出来ないという事です。
もう一つは、政治家が机から離れて活動(政治選挙)している最中に
危機が発生する恐れが有る事です。

プランBとして適切なのは、緊急の資金供給先の確保と
選挙戦の最中であっても経済戦についての閣議を開けるようにしておく事です。

これらの方法で自分の身を守らないなら、イギリスは本当にSTUPIDになります。

秋月便り←こちらに登録

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。