プロフィール

河野

Author:河野

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラビ・バトラ2009年断末魔の資本主義3

第1章 アメリカ金融、経済、全面的に壊滅

●「富裕者の時代」の次にくる時代

私の経済理論の基本であり、
普遍的法則であると信じている「社会循環の法則」によっても、
資本主義の崩壊は避けられないものとしてある。

「社会循環の法則」とは、
「いかなる文明、いかなる国においても、政治的な『力』は3つに分類され、
過去にも、現在も未来も、この『力』は3つしかなく、その循環によって社会は構成される」
というものだ。

3つの力とは第1に「武力」、第2に「知力」、第3に「富力」であり、
この3つが必ずこの順序で台頭し、人間社会を発展、変遷させるのだ。
「社会循環の法則」の詳細については、私のこれまでの著書を参照していただきたい。
一つだけ例を挙げれば、ヨーロッパにおいて「武人」によって築かれた古代ローマ帝国は、
キリスト教の影響の中で崩壊し、バチカンの聖職者=知識人が支配するようになった。
その後、「土地」という富を独占する封建領主の時代となり、
それも崩壊して「武力」による絶対王政の時代になる。

中世の絶対君主の時代は、議会が台頭することで、
議員や官僚、市民といった「知識人」によってとって代わられ、
さらに近代には「資本」を独占する「富裕者」によって支配される「資本主義」の時代となったのだ。

この法則に基づけば、
資本主義という「富裕者の時代」の崩壊のあとには再び「武人の時代」に入っていくこととなる。

この変化・循環が数百年の周期で起こり、
現代の世界は、まさに数百年に一度の巨大な変化の真っ只中にあるのだ。

人気映画が105円!?缶ジュースより安く映画が観られる!

「シネマ・コンプレックス」

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。