プロフィール

河野

Author:河野

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人留学生保釈

Japanese student charged, released on bail after dead infant found in Saanich home

Victoria, B.C. - A 20-year-old international student charged with concealing the birth of a child and failing to obtain birthing assistance has been released on $10,000 bail.

Narumi Bito, a Japanese woman registered in a six-month ESL program at the University of Victoria, was released from custody this afternoon on conditions which include surrendering her travel documents, not leaving the province of B.C. and reporting to her bail supervisor on a regular basis.

Bito arrived in Victoria in August and moved in with a homestay family on Saanich Road.

Police were called to the home on Monday and found a dead baby inside a plastic bag. An initial autopsy found no obvious reason for the baby’s death. Further tests are needed to determine what caused the death of a newborn baby. It could be weeks or months before police determine the exact cause.

Bito’s parents are on their way to Victoria to be with her, defence lawyer Mayland McKimm said yesterday outside the Victoria provincial courthouse. In the meantime, the university has helped to find a new home and a surety for Bito.

“UVic has done a yeoman’s duty in finding people to step into the breach in this most unfortunate circumstance,” said McKimm. “In this case, there’s been an enormous amount of respect for the cultural issues that are involved. The university obviously prides itself on its international programs and they’ve taken on a real guardianship role with respect to making sure Miss Bito is well cared for. They’ve done a tremendous amount of work in making sure she’s covered off and not left astray.”

According to McKimm, Crown and defence worked together on the release conditions to make sure Bito shows up for her court dates and to make sure she is not a risk to herself or to the public.

“Miss Bito has no prior history. It’s obviously safe and in the public interest that she be released,” he said.

Bito’s next appearance has been scheduled for Dec. 6.

“There’s a tremendous amount of forensic work and more investigation that has to be done, so we’ve put it off until December to see what happens and how the case is going to play out. Once we know that, we’ll set a trial or deal with matter in some other way,” said McKimm.

After her arrest, police took Bito to hospital to get medical attention. She is holding up well and appears to be healthy, said McKimm. She’s made it clear she wants to go back to school, continue with her course of studies and ultimately return home.

However, the possibility of additional charges is causing her some anxiety.

“That’s the problem,” said McKimm. “We don’t know what this is about and the forensics haven’t given us any clarity on where this file might be going.”

McKimm hasn’t asked Bito what happened yet and has not received any disclosure from Crown.

Lawyer Christopher Mackie, who is fluent in Japanese, has been helping McKimm explain the legal process to Bito.

“There’s a lot of stress and we’re trying to reassure her there’s a process to follow and we’re doing our best to assist her,” said Mackie. “It’s difficult for her to adjust from being in class to being in custody.”

The fact that Mackie can talk to her in her own language has made her feel a little more at ease.

Saanich and Victoria police have also done everything they can to put her at ease under the circumstances, he said.

The greatest challenge in the case will be the differences between Japanese culture and our culture, now they’ve come in conflict with the criminal law, said McKimm.

In general, shame plays a bigger role in Japanese culture than Canadian culture, explained Mackie.

“The sense of responsibility Japanese people feel is also much greater than Canadians would feel. Their responsibility is not just to themselves but to their family, their neighbourhood, their community and their country.”


告訴されていた日本人学生がサーニッチにある家で
幼児の死体が発見された事で保釈されました。

ビクトリアB.C.(ブリティッシュコロンビアの州都)で
子供の誕生を隠し、出産支援を受けなかった事で告発されていた
20歳の留学生は、1万ドルの保釈金で釈放されました。

尾藤成美(仮)さん(ビクトリア大学の6ヶ月のESLプログラムに登録されている日本人女性)は
今日の午後、彼女のパスポートを渡す事、このB.C.の田舎から出ない事、
そして政府の担当者に常に報告する事等を条件に保釈されました。

尾藤さんは8月、ビクトリアに到着し
サーニッチ通りにあるホームステイ先の家族の所に入居しました。

警察は月曜日、通報を受けてポリ袋の中で死んでいる幼児を発見しました。
最初の検死では幼児の明確な死因は見つかりませんでした。
この生まれたばかりの幼児の死にはより詳しい検査が必要です。
正確な死因は警察の捜査結果の数週間から数カ月前にある可能性があるからです。

尾藤さんの両親は彼女の力になる為にビクトリアへ向かっています。
彼女の弁護士であるメイランドマッキン氏はビクトリアの地方裁判所の外でこう話しました。
「大学は暫くの間、尾藤さんへの新しい家と生活の保証を用意してくれています。」

「ビクトリア大学はこの最も不幸な状況にある市民の
突破口を見つける事で、ヨーマン(独立した農夫)の義務を果たしました。
今回の事件で彼らは尾藤さんに敬意を表しました。
彼らは国際的な教育課程を誇っており、尾藤さんの安全を保証する事で保護者としての役目を果たし、
また、彼女の疑いを取り払い路頭に迷わないにする為にも大きな努力をしました。」

尾藤さんの次の出廷は12月6日に予定されています。

「私達は膨大な量の法廷に関する仕事と調査をしなけならずまた、
何が起こり、どのような結果になるか把握する為、次の出廷を12月まで延期しました。
しかしそれらが分かったなら裁判かまたは、その他の方法で応じるでしょう。」
マッキン氏は話しました。

彼女の逮捕後、警察は治療を受けさせる為病院に連れて行きました。
彼女は盛んに手を振っていたので健康そうに見えたとマッキン氏は言いました。
彼女は身の潔白を証明し学校に戻って教育課程の続きを受け、最後に家に帰りたいと思っています。

しかしながら、追加告訴の可能性が彼女を幾らか不安にさせています。

「それは問題です。私達はそれについて何も知りませんし、
法廷は提出されるであろう告訴状について、明確には教えてくれませんでした。」
マッキン氏は話しました。

マッキン氏はまだ何が起こったのか尾藤さんに尋ねておらず、
公開された警察からの情報も容認していません。

クリストファーマッキー氏(日本語が流暢な)は
マッキン氏が尾藤さんに法律上の過程を伝えるのに手を貸してくれています。

「多くの圧力はありますが、
彼女を安心させこの件に対して最善を尽くします。
彼女が収監された状況に慣れるのは難しい事です。」
とマッキー氏は話しました。

マッキー氏が日本語で話してくれる事が彼女の気を少し楽にしました。

また彼は、サーニッチとビクトリア警察がこの状況から
彼女を楽にするよう、出来る限りの事をしてくれたとも話しました。

今回の場合における最大の問題は日本の文化と私達の文化の違いになるでしょう。
それらは今、刑法の中で戦いに突入しています。

マッキー氏は一般的に日本の文化は
恥の概念がカナダの文化より大きな役割を果たしていると話しました。

「また、日本の人々の持つ責任感もカナダ人のものよりも遥かに大きいです。
その責任感は自分達だけでなく、彼らの家族、住んでいる地域、共同体、そして国にまで及びます。」

秋月便り←こちらに登録


テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。