プロフィール

河野

Author:河野

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静かに力を獲得する中国

China's quiet power grab

In April, the Chinese navy abruptly deployed 10 warships near the Japanese coast and sent helicopters to buzz Japanese ships. In July, the Chinese foreign minister angrily asserted his country's claim to international waters in the South China Sea, along with some islands claimed by others. Last week, a Chinese fishing trawler smashed into two Japanese Coast Guard boats, possibly on purpose, leading to a Japanese arrest and a furious reaction from Beijing.

Throw in a few rhetorical outbursts -- the Chinese U.N. official who ranted a couple of weeks ago about not liking Americans -- and certainly it does seem as if Chinese military, territorial and diplomatic aggression is rising. It is an extraordinary development, largely because, from China's point of view, it doesn't make sense. Why on earth should China shout, bully and push its neighbors around? Over the past decade, China has kept silent, lain low and behaved more like a multinational company than a global superpower -- and garnered enormous political influence as a result.

The fruits of this success are everywhere. Look at Afghanistan, for example, where American troops have been fighting for nearly a decade, where billions of dollars of American aid money has been spent -- and where a Chinese company has won the rights to exploit one of the world's largest copper deposits. Though American troops don't protect the miners directly, Afghan troops, trained and armed by Americans, do. And though the mine is still in its early phases, the Chinese businessmen and engineers -- wearing civilian clothes, offering jobs -- are already more popular with the locals than the U.S. troops, who carry guns and talk security. The Chinese paid a high price for their copper mining rights and took a huge risk. But if it pays off, our war against the Taliban might someday be remembered as the war that paved the way for Chinese domination of Afghanistan.

America fights, in other words, while China does business, and not only in Afghanistan. In Iraq, where American troops brought down a dictator and are still fighting an insurgency, Chinese oil companies have acquired bigger stakes in the oil business than their American counterparts. In Pakistan, where billions in American military aid helps the government keep the Taliban at bay, China has set up a free-trade area and is investing heavily in energy and ports.

China has found it lucrative to stay out of other kinds of conflicts as well. Along with Western Europeans, Americans are pouring vast amounts of public and private money into solar energy and wind power, hoping to wean themselves off fossil fuels and prevent climate change. China, by contrast, builds a new coal-fired plant every 10 days or so. While thus producing ever more greenhouse gases in the East, China makes clever use of those government subsidies in the West: Three Chinese companies now rank among the top 10 producers of wind turbines in the world.

Quietly, the Chinese have also cornered the market in rare-earth metals, unusual minerals that have lovely names (promethium, ytterbium) and are vital for the production of cellphones, lasers and computers -- not to mention hybrid cars, solar panels and wind turbines. Though China doesn't control the world's reserves of these elements, some of which aren't all that rare, mining them is dirty, labor-intensive and ideally suited for cheap production in a country with low wages and lower environmental standards. Nobody else can compete, which is why China now controls 99 percent of the world's supply of some of these elements.

Of course if they are so inclined, their monopoly could be used to raise the prices of solar panels and cellphones. They could do even more damage if they wished. Last week, it was reported that China had stopped shipping rare-earth metals to Japan in retaliation for the Japanese arrest of that Chinese fisherman. The glitch in supplies now appears to have been connected to a Chinese holiday -- or that's what the Chinese are saying -- but markets and pundits sounded belated alarm bells nevertheless.

Which brings me back to my original point: Why on earth are the Chinese playing military games with Japan, threatening Southeast Asia or entering politics at all? When they stay silent, we ignore them. When they threaten boycotts or use nationalist language, we get scared and react. We still haven't realized that the scariest thing about China is not the size of its navy or the arrogance of its diplomats. The scariest thing is the power China has already accumulated without ever deploying its military or its diplomats at all.


4月に中国海軍は突然日本の海岸近くに10隻の軍艦を配置し
日本の船を煽る為にヘリコプターを飛ばしてきました。
これについて7月、中国の外務大臣は
南シナ海の、日本が領有権を主張している島々に沿った
公海上での事なので問題は無いと主張しました。
先週、中国籍漁船が日本の巡視船2隻に衝突した事件がありましたが、
あるいは北京がわざと日本の逮捕と怒りを引き出す為にやらせたのかもしれません。

この幾つかの大げさな衝突
(数週間前中国当局は国連でアメリカが嫌がるような発言をしました。)
で明らかに中国は領土、外交に対する攻撃性が高まっているように見えます。
中国側の視点ではその事に気が付けないでしょう。
何故中国は周辺の国々に威張り散らすのでしょうか。
過去10年以上、中国は世界的な超大国というよりは多国籍企業のように静かに、
行儀よく振る舞っていました。そしてその結果として巨大な政治的影響力を獲得しました。

その成果はいたる所にあります。例としてアフガニスタン
(10年近くアメリカ軍が戦闘を続けており、また莫大な支援金を投入している)
を見て下さい。そこで中国の企業は世界で最も大きい銅鉱山の一つを開拓する権利を獲得しました。
アメリカ軍は、彼らが訓練と武装を与えているアフガン軍の人達とは違い、
炭坑夫を直接守ってはくれなかったからでしょう。
そして、鉱山は早い段階で平和になっていると思います。
既に中国のビジネスマンと技術者(一般人の服を着て仕事を提供してくれる)
は銃を持ち運びながら安全の話をするアメリカ兵より地元住民に人気があります。
中国は、大きな危険を孕んだ銅の発掘に高い代償を払いました。
しかしこれが上手くいくなら、いつの日かタリバンと私達の戦争は
中国のアフガニスタンへの優位性を確立したものとして記憶されるかもしれません。

アメリカが戦っていると言い換えるならば、その一方で中国は商売をしています。
しかしそれはアフガニスタンだけではありません。
イラク(アメリカ軍が独裁者を打ち倒し、ゲリラとも戦っている)で、
中国の石油企業はアメリカのそれよりも大きな報酬を受け取っています。
パキスタン(アメリカからの莫大な軍事援助によってタリバンから政府を守っている)
では中国は自由貿易地域を設立し、エネルギーと港に大量に投資しています。

また中国は他の国の争い事には関わらないのが得策だと分かっていました。
ヨーロッパ人と共に、アメリカ人は国家的に個人的にも
化石燃料から抜け出し気候変動を防ぐため、
多額の資金を太陽光と風力発電に注ぎ込んでいますが、
中国は対照的に10日あたり1つの石炭火力発電所を建設しています。
そのため今まで以上に温室効果ガスが東洋で発生しています。
そんな中で、中国は自国の補助金を西洋で上手に使っています。
中国の3つの企業は風力タービンの生産者として世界ランクのトップ10に入っています。

また、静かに中国人はレアアース、レアメタルの中でも
特に珍しいプロメチウム、イッテルビウムを市場で独占しました。
これらはハイブリットカーやソーラーパネル、風力タービンは勿論の事、
携帯電話やレーザー、コンピューターを作るのにも非常に重要な物です。
中国は世界に蓄えられているレアメタルを管理している訳でも無いのに採掘するのは汚いです。
そして上記の努力と安い賃金、下落する国際的価格水準によって安価な商品を揃えています。
中国は今世界中のこれらの元素を99%管理しているため誰も競争に参加出来ません。

勿論彼らがその気になれば、独占したそれらを使って
ソーラーパネルと携帯電話の価格を引き上げる事が出来ましたし、
彼らが願うなら損害はより大きくも出来たでしょう。
先週中国が日本による中国人漁師逮捕の報復に
レアアースの日本への出荷をストップしたとの報道がありましたが、
中国はそれらの供給の不調を自国の休日と結びつけた発言をしました。(報復ではない
しかしそれでも、市場と専門家は中国に警告を発しました。

どちらが私の論じたかった事だったでしょうか。
何故中国は日本と軍事ゲームをしているのですか?
東南アジアを脅迫をしたり陥れようとするのですか?
中国のそれらの問題が静まっているなら我々は無視しますが、
ボイコットを起こしたり、国家主義的な言葉を使いだすと脅威を感じます。
私達はまだ中国の恐ろしさは海軍の規模でも、
外交官の傲慢な態度でもないという事を理解していません。
それは配備された軍隊も外交官も抜きにして、既に十分に蓄えられた権力です。

秋月便り←こちらに登録

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。