プロフィール

河野

Author:河野

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保守派の反撃

Conservative Counterattack

Tokyo -- The Kan administration's artless management of the Senkaku Islands dispute these past couple weeks, capped by the release of the Chinese trawler captain under clouded circumstances, has resulted in a cascade of criticism aimed at the Japanese government from the hard right, the opposition parties, and even members of the ruling party itself.

At the heart of the controversy is the question of how and why the Naha District Public Prosecutors Office decided to let the Chinese captain go. The local officials cited the importance of "Japan-China relations" as the main motive for the release, but, as most people immediately understand, Japan's national diplomatic affairs are not the responsibility of local prosecutors.

The government has denied any "political interference" in the Naha prosecutors' move, but many observers are openly skeptical of these denials.

The leaders of the main opposition LDP were on the streets near Tokyo's Yurakucho Station this evening, pounding the DPJ government on precisely this point. On hand were such figures as Sadakazu Tanigaki, Shigeru Ishiba, Yuriko Koike, Nobuteru Ishihara, Yoshimasa Hayashi, and Satsuki Katayama.

They made fierce criticisms, asking whether Japanese diplomacy is in the hands of the national leaders or local prosecutors. They castigated the Kan regime for its mismanagement of the crisis and the weakness it demonstrated in the face of Chinese intimidation.

Ishiba stated that he wasn't asking for the LDP to be put back into power, but rather whether or not the national interests could really be defended by the incumbent government. For the sake of Japan, he argued, a strong, capable, and experienced crew needed to be at the helm of the state.

The other LDP leaders made similar arguments.

The conservative Yomiuri Shinbun alleges that Chief Cabinet Secretary Yoshito Sengoku and Foreign Minister Seiji Maehara personally leaned on the prosecutors in an extralegal fashion at the direct behest of Prime Minister Naoto Kan.

Also, there have been two arrests of rightwing protestors so far. On the morning of the 25th, a man carried a large kitchen knife near the Kantei while proclaiming his disagreement with the government's handling of the Senkaku affair. Another man was arrested for throwing a smoke bomb at the Chinese consulate in Nagasaki.

On the other hand, even some members of the ruling party are not pleased.

The Yomiuri Shinbun quotes an anonymous "senior" DPJ politician as groaning, "Neither Kan nor Sengoku knows anything about diplomacy. They just released the skipper in a flutter after being intimidated by China... China will probably continue making unreasonable demands on Japan, causing other Asian countries to be discouraged by this country's lack of mettle."

The stronger tone taken by Tokyo since yesterday, bluntly rejecting China's demand for an apology and compensation, as well as reasserting Japan's initial hard line, needs to be seen within the context of the how the release of the Chinese trawler captain is being perceived, as well as the conservative reaction now in force.

東京--ここ数週間、管政権の尖閣諸島をめぐる問題で
中国籍漁船船長を釈放するという下手な対応によって
野党だけでなく与党のメンバーからさえも滝のように非難を浴びています。

この論議の争点はなぜ、どのようにして
那覇地検が中国の船長の釈放を決定したのかという事です。
地元の検察官は釈放の主な動機として「日中関係」の重要性を挙げましたが、
殆どの人がすぐに分かるように日本の外交ついて地元の検察官達に責任はありません。

政府は那覇地検に対するあらゆる「政治的干渉」を
否定しましたが多くの観察者達は疑念を露にしています。

今晩、民主党のこの大きな失敗を突く為に主な与党である
自民党のリーダー層が有楽町駅の近くの通りに集まりました。
出席したのは谷垣禎一、石破茂、小池百合子、石原伸晃、林芳正、および片山さつきです。

彼らは日本の外交は民主党か、
それとも地元の検察官かと厳しく批判しました。
また、管政権のこの重大な局面への不始末と
中国の脅迫に対する軟弱な対応(の説明)についても強く非難しました。

石破氏は今の政府が本当に国益を守る事が出来るかどうかに関わらず、
政権を自民党に返すように求めてはいないようです。
日本の為に強健で有能で経験豊富な人材を指導者にする必要があると彼は主張しました。

他の自民党のリーダー達も同様の議論をしました。

保守的な読売新聞は内閣官房長官の仙谷由人
と外務大臣の前原誠司が菅直人首相の直接命令で
超法規的措置として検察をあてにしたと主張しています。

また、今までのところ二人の右翼を自称する人物が逮捕されました。
その男は25日の朝、尖閣諸島をめぐる問題に対する政府の宣言が
彼の考えと一致しなかった為、官邸の近くに大きな包丁持ち込みました。
もう一人の男は長崎の中国領事館に発煙筒を投げ込んで逮捕されました。

他方で、与党のメンバーでさえ、何人かは喜んでいません。

読売新聞は匿名の古参の民主党議員の
「管も仙谷も外交に関して何も知らない。」という罵りを引用しています。
彼らは中国の脅しに動揺して船長を釈放してしまった。
中国はこれからも恐らく無理難題を押し付けてくるでしょう。
また、他のアジアの国々も日本の勇気のなさに落胆しています。

昨日中国の謝罪と賠償の要求を無遠慮に断った
あの強気の態度と強硬路線で交渉しなおすべきだと思います。
また中国籍漁船の船長が釈放された事で保守反動が強まっている事にも気付くべきです。

秋月便り←こちらに登録


テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。