プロフィール

河野

Author:河野

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国との緊迫した駆け引き(下)

China-Japan trade war looms

“The Diaoyu Islands are sacred Chinese territory and if Japan clings obstinately to its mistake, China will take further actions. The Japanese side shall bear all the consequences that arise,” Mr. Wen said on his arrival in New York, using the Chinese name for the disputed atoll, which Japan calls Senkaku. The islands are also claimed by Taiwan.

The Japanese government, which last week returned the ship and the rest of the 14-member crew to China, has thus far refused to release Mr. Zhan, insisting it has the right to try him under domestic laws for “obstructing officers on duty.” A Japanese court recently extended his pretrial detention until Sept. 29.

Anti-Japanese sentiment is already high in China, resulting in small, closely supervised street demonstrations in Beijing and other cities. Now, Japanese public opinion also seems to be hardening about the case.

“Due to the nature of the incident, it makes perfect sense for Japan, a country of laws, to stick to its guns in calmly dealing with the issue in accordance with domestic law,” the Asahi Shimbun newspaper wrote in an editorial published Thursday.

In the eyes of many observers, the quarrel is less about the fate of Mr. Zhan than it is an effort by China to assert itself as the new power in East Asia by forcing declining Japan to back down in a very public spat.

“If [the Japanese] don’t back down, I have no idea what [China’s leadership] is going to do. I think it’s a really dangerous situation,” said Gordon Chang, a U.S.-based critic of the Chinese government. He said the standoff is more dangerous because China’s military has gained substantial new influence in Beijing under President Hu Jintao.

On Thursday, U.S. Secretary of State Hillary Clinton waded into the dispute, urging the two sides to resolve the dispute through dialogue. The United States is a close military and political ally of Japan.

The islands at the centre of the current argument were awarded to Japan by the United States following the Second World War. The dispute over their ownership became far more heated following a 1969 geological survey that indicated that the waters around the islands could be home to as much as seven trillion cubic feet of natural gas and upward of 100 billion barrels of oil.

「釣魚島は神聖な中国の領土であり、
日本が誤りに固執するなら中国は更なる行動をとります。
それによって日本側は問題を負う事になるでしょう。」
温家宝はニューヨークに到着するなり論議されている環礁
(日本名尖閣諸島)に中国名を使ってそう言いました。
この諸島は台湾も領有権を主張しています。

日本政府(先週船と14人の乗組員を送り返した)は
公務の妨害に対して、国内法で裁くのは当然だとして
Zhan氏の釈放を拒んでいます。(不起訴になってはいない)
日本の裁判所は最近、彼の勾留までの期間を9月29日に延長しました。

中国では既に反日感情が高まっており、
その結果北京やその他の都市で強く結束された街頭デモが発生しています。
日本の世論は今回の事件について緊張しているように思えます。

「この事件に対して、中国との平和的な交際を粘り強く続けるのに
(自国の法律に基づいた)完璧な対応です。」
と木曜日に発行された朝日新聞の社説に書かれていました。

多くの観察者は、Zhan氏の処遇をめぐる口論は
中国の日本を国家的に重要な地域から手を引かせる為の
努力に比べれば些細な事だと見ています。

「もしも日本人が譲歩しないのならば、
中国のリーダー層は何をするか分からない、私は非常に危険な状況だと思っている。」
と中国政府のアメリカを拠点とする評論家、ゴードン・チャン氏は話しました。
彼の話では、中国軍は胡錦濤国家主席の支配下にある北京で実質的な権力を獲得したため
日本は孤立していると大変危険であるとの事です。

木曜日にアメリカの国務長官ヒラリー・クリントンは、
この争いを激しく批判し、双方とも対話この問題を終わらせるよう促しました。
アメリカは日本に近い、軍事上、政治上の同盟国です。

今回の論争の中心となった諸島は、
第二次世界大戦後にアメリカから日本に与えられた物です。
この諸島の所有権をめぐる論争は、
その周りの水域に眠る7兆フィートに相当する天然ガスと
1000億バレル以上の石油(1969年の地質調査結果)によって今後ますます加熱していくでしょう。

秋月便り←こちらに登録

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。