プロフィール

河野

Author:河野

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国との緊迫した駆け引き(上)

China-Japan trade war looms

Mark MacKinnon

A simmering dispute between China and Japan – until now a war only of words and gestures – is threatening to take on serious economic consequences as rumours spread about a Chinese ban on exports of a key resource to Japan.

The Asian giants – ancient rivals as well as the world’s second- and third-largest economies – have been butting heads since a Sept. 7 incident when Japan detained the captain of a Chinese fishing trawler after his ship collided with two Japanese coast guard vessels near a chain of disputed islands between Okinawa and Taiwan. Infuriated, China has since escalated its diplomatic response on a near-daily basis, demanding that the captain be immediately returned and that he not face charges in a Japanese court.

Concern rippled through markets Thursday after The New York Times reported that China had slapped a ban on the export to Japan of rare earth minerals – elements crucial to the production of everything from solar panels and guided missiles to iPhones and Toyota’s hybrid Prius automobile.

The Chinese government later denied the report, but an executive at one Japanese company that produces high-tech factory equipment told The Globe and Mail that Toyota Inc., one of its main customers, had contacted his firm several days ago out of concern that supplies of rare earth minerals from China were being restricted.

In fact, China, which controls some 95 per cent of the world’s supply of these minerals, had begun to restrict its exports to all countries as far back as July, after nearing an annual quota. But the panic over what China might do to retaliate against its neighbour – following a suggestion in a newspaper affiliated with the ruling Communist Party that China should seek and strike “the Achilles heel of Japan” – illustrated just how high the stakes are in this seemingly trivial dispute over an uninhabited atoll.

Beijing has already started trying to inflict economic pain on its neighbour, advising state-run tourist agencies not to advertise Japan as a destination. However, broader bilateral trade – worth a whopping $147-billion (U.S.) through the first six months of this year – has otherwise not been affected so far.

China has severed high-level contacts between the two governments and refused a Japanese suggestion that Chinese Premier Wen Jiabao and Japanese Prime Minister Naoto Kan meet in New York on the sidelines of the United Nations General Assembly to resolve the quarrel, insisting that the fishing captain, 41-year-old Zhan Qixiong, first be released.

これまでは思わせぶりな言葉やそぶりだけでしたが、
今の中国と日本の間には一触即発の抗争が展開されています。
また、主要な資源の日本への輸出の禁止令が重大な経済的結果を招くとの噂も広がっています。

沖縄の台湾の間の、論争の元となっている諸島の近くで
海保巡視船に中国籍漁船が衝突し、その船長が日本に拘留された9月7日以来、
昔から張り合っていたアジアの第2位と3位の経済大国が今激しく対立しています。
怒った中国は船長を直ちに帰国させろ、
起訴を取り下げろと日に日に外交的要求をエスカレートさせています。

木曜日に中国が日本に対して全ての太陽光パネル、
誘導ミサイルから、iPhone、トヨタのハイブリットカーに至るま
で重要な要素となるレアアースの輸出を制限したとの
ニューヨークタイムズ上の報道で市場中に大きな波紋が広がりました。

後に中国政府はこの報道を否定しました。
ある日本の、ハイテク工場の備品を製造している企業の役員も
彼の会社の主要な取引先の一つであるトヨタから、
「中国がレアアースの輸出を制限しつつあるというのは考え過ぎ」と伝えられた
とグローブアンドメールの記事で発言しています。

事実上、世界のレアアースの95%以上を管理している中国は、
7月までに例年の輸出規定量に近づいた全ての国に対して制限を課しました。
中国は日本への報復に慌てふためいています。
中国共産党系列の新聞には以下の提案が書かれていました。
「中国は日本の弱みを探し出して突くべきである」
また、この一見、無人の島々をめぐるつまらない争いに見えるこの事件を
如何に価値のある事柄であるのか挿し絵で示してもいました。

北京は中国観光局に日本を目的地にする広告出さないよう勧めさせる事で
既に日本に経済的苦痛を与え始めています。
しかしながら今年初めから6ヶ月までの
1470億ドルにも及ぶ非常に価値の大きい、
二国間の貿易には今のところ殆ど影響がありません。

中国は二国間の接触に厳しい姿勢をとっており、
中国の首相温家宝と日本の首相管直人が直に会う国連総会のおりに、
この件について決議しようという日本側の提案を、
まず船長のZhan Qixiong氏(41)を釈放するのが先だと主張し拒否しました。

秋月便り←こちらに登録

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。