プロフィール

河野

Author:河野

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒラリーのスピーチ(上)

Clinton declares 'new American moment' in foreign policy speech

Secretary of State Hillary Rodham Clinton declared Wednesday that "a new American moment" has arrived in international relations, "a moment when our global leadership is essential, even if we must often lead in new ways."

In a lengthy speech at the Council on Foreign Relations in which she defended the Obama administration's foreign policy approach, Clinton said that "this is a moment that must be seized - through hard work and bold decisions - to lay the foundations for lasting American leadership for decades to come."

Critics have said that the administration's diplomacy has yielded little on such difficult issues as Israeli-Palestinian peace and Iran's pursuit of nuclear weapons, but Clinton argued the opposite, saying that substantial progress has been made on those fronts through "classic shoe-leather diplomacy." She urged patience, saying that the fruits of the administration's labors will not be apparent for some time.

Answering questions from the audience after her speech, Clinton took a shot at the Iranian government. "I don't think there's any doubt that Iran is morphing into a military dictatorship with a, you know, sort of religious ideological veneer," she said. "And I don't think that's what the Iranian revolution for a republic of Iran, an Islamic republic of Iran, was ever meant to become."

But she said that the United States is trying to strike a balance - being publicly supportive of efforts in Iran to promote democracy without doing anything to "either endanger or undermine those very same people."

The speech in many ways marks Clinton's emergence as a foreign policy leader at a time when President Obama is consumed with the lagging domestic economy and November's midterm elections. Clinton will travel to the Middle East next week to foster direct talks between Israelis and Palestinians, and in Wednesday's speech she spoke confidently about the administration's agenda and the United States' role in the world.



On the upcoming negotiations between the Israelis and Palestinians, Clinton said she senses a "certain momentum" because "both sides and both leaders recognize that there may not ever be another chance." She said that Israel has "threats it faces demographically, technologically, ideologically," so "the idea of striking a peace deal with a secular Palestinian Authority that is committed to its own people's economic future makes a lot of sense if it can be worked out." She added that Palestinian Authority President Mahmoud Abbas considers a deal "the culmination of a life commitment."

Clinton's speech offered few specifics about new policy initiatives. But after more than 18 months on the job, she appears to have gained a renewed appreciation for the role the United States plays in the world.

国務長官のヒラリー・ロダム・クリントンは水曜日に
「(新しいアメリカの瞬間)が国際関係の中で到来し、
私達が新しい方法で他国を導かなければならないとき
国際的なリーダーシップが必要不可欠です」と宣言しました。

外交問題評議会での長いスピーチの中で
彼女はオバマ政権の外交政策の取り組み方を擁護しました。
クリントンは言いました。
「今は来るべき数十年に及ぶアメリカによるリーダーシップを
持続させる基礎を築く為に、熱心な作業(準備)と大胆な決断をすべき時です。」

評論家は政府の外交がイスラエル人-パレスチナ人間との
(非常に難しい問題に関する)平和とイランの核兵器問題に対して
少ししか成果を上げられていないと言いましたが、
クリントンはそれは正反対で、問題の具体的進展は
「古典的な外交手法」によって為されており、
政府の仕事の成果が明らかになるには少し時間がかかると主張しました。

スピーチの後の聴衆からの質問に答えると
クリントンはイラン政府を批判しました。(狙い撃ちに)
「私はイランが見せかけの宗教上の思想の違いで、
軍事的独裁国家になっているとは思いません。
また、イラン、イスラム共和国に変革が訪れたとも思っていません。」

しかし彼女はこうも言いました。
「アメリカは公的な支援によって"例の人達(権力者)"
を身の危険に晒す事も、名誉を傷つける事もせず
イランに民主主義を上手く浸透させる為の努力しています。」

このスピーチはオバマが国内経済の停滞と
11月の中間選挙によって疲弊した時クリントンが
外交政策においてのリーダーになるだろう事を色々な点で印象づけました。
クリントンは、水曜日に話した行政の予定とアメリカの世界における役割を
イスラエル人とパレスチナ人との間にたって直接伝える為に来週中東に出発するでしょう。

イスラエル人、パレスチナ人間の交渉が近づいていますがクリントンは
「今まで両陣営の両首脳はお互いを認める機会が無かったから今回は上手くいくような気がします。」
「イスラエルは人口、思想、科学技術の面で問題に直面しています。
ですから宗教上の問題を抜きにしてパレスチナ人の権力者達は
自国民の将来の経済に協力してもらい、それが上手くいったら
イスラエルに問題解決の案を提供すれば良いのです。」
と話しました。
彼女は、マフムード・アッバスパレスチナ自治政府大統領との
対談が「非常に重要なもの」であると考えていると言い足しました。

クリントンのスピーチは新しい政策の主導に関しては
僅かな情報しか提供しませんでした。しかし18ヶ月以上に及ぶ仕事の結果、
彼女は世界におけるアメリカの立場の回復に成功したように見えます。

クリントン長官、アッバス議長と会談

秋月便り←こちらに登録

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。