プロフィール

河野

Author:河野

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盗聴疑惑アンディコールソン(下)

Phone hacking: Andy Coulson offers to talk to police

Bill Keller, the executive editor of the New York Times, said: "Scotland Yard has declined our repeated requests for interviews and refused to release information we requested months ago under the British freedom of information law. After our story was published, Scotland Yard expressed renewed interest in the case and asked us to provide interview materials and notes; we declined, as we would with any such request from police. Our story speaks for itself and makes clear that the police already have evidence that they have chosen not to pursue."

A number of people whose names appeared on a list of public figures belonging to Glenn Mulcaire, the private investigator jailed for stealing secrets from mobile phone voice messages, have been urging the police to reopen the investigation. They include John Prescott, the former deputy prime minister, who has accused police of failing to carry out a proper investigation and is threatening to bring a judicial review against the Met. He is demanding that police tell him whether his phone was hacked by News of the World journalists and has asked for copies of documents obtained by detectives during their investigation.

Yates said he had told Prescott last July, when there was a review of the initial police investigation, that his phone had not been hacked. "The fact that his name is on a private investigator's invoice does not mean his phone has been hacked," said Yates. "I believe there is no evidence that his phone has been hacked."

He added: "We can't just supply willy nilly to people material we have gathered during a criminal investigation for another purpose."

The New York Times investigation featured allegations by Hoare that hacking was widespread at the tabloid and that the then-editor Coulson knew about the practice.

Defending the Met's failure to interview Hoare, Yates said: "He just did not appear in the inquiry. He has come from nowhere. We are surprised of that, that the New York Times didn't avail us of that fact [his evidence] earlier."

Yates dismissed the idea, also carried in the New York Times report, that detectives had not conducted a thorough investigation because of the close police relationship with the News of the World. "To suggest it's improper [the relationship], you'd have to produce some evidence of that," he said.

He said the convictions of Mulcaire and the News of the World's royal editor, Clive Goodman, for phone hacking had "sent an extremely strong deterrent message to people who might get involved in this in future".

The News of the World accused the New York Times today of being motivated by "commercial rivalry".

A spokesperson for the tabloid said in a statement: "The News of the World repeatedly asked the New York Times to provide evidence to support their allegations and they were unable to do so. Indeed, the story they published contained no new credible evidence and relied heavily on anonymous sources, contrary to the paper's own editorial guidelines.

"In so doing they have undermined their own reputation and confirmed our suspicion their story was motivated by commercial rivalry. We reject absolutely any suggestion there was a widespread culture of wrongdoing at the News of the World."

The prospect of a further investigation by the standards and privileges committee emerged after MPs argued that a precedent may have been set by the decision to mount a privileges committee inquiry into the arrest of the Tory MP Damian Green in his Commons office in 2008 over the alleged leaking of documents from the office of the home secretary.

It would be for the Speaker to decide whether to grant an inquiry, but Labour MPs claimed there now appeared to have been a wholesale attempt to break into MPs' phone messages, and the response of the Met had been shown to be inadequate.

ビル・ケラー(ニューヨーク・タイムズの編集長の重役)はこう言いました。
「ロンドン警視庁は、一月前、私達の
イギリスの法の自由の下で再三要求したインタビューも情報の公開も断りました。
この話を記事にした後、ロンドン警視庁は新しいこの事件に関する情報を提供し、
私達が求めていた重要な取材にも応えるようになりましたが、
警察の方からどのような要求があっても我々は拒否します。
我々の記事は公正な物とする事を彼らも既に理解しています。」

携帯電話の音声から機密を盗み出していたグレンマルカイアの
所有物から多くの政府の役人の名前が出てきた事で、警察の調査を再開させています。

彼らの中には警察を
適切な捜査を行っていなかったと起訴し、
ロンドン警視庁に対して違憲立法審査権を行使すると脅していた
ジョン・プレスコット元副総理も含まれていました。
彼は警察に、自分の電話はニュースオブザワールドの記者に盗聴されていないかどうか、
刑事達が捜査で得た資料のコピーなど、多くを求めました。

イェイツはプレスコットに去年の7月、
初期の刑事捜査の報告をした時に彼の電話は盗聴されていないと伝えたと話しました。

彼はこう付け加えました。
「私達は否応無しに事件捜査の資料を別の目的で他人に渡したりはしません。」

ニューヨークタイムズは、盗聴は広い範囲で習慣的に行われており、
当時編集者だったコールソンもその事を知っていたという、
ホアによるこの事件の特集を発表した。

ロンドン警視庁がホアとの対談に失敗した事への弁護としてイェイツは言いました。
「問い合わせましたが彼は出ませんでした。彼はどこにもいなかった。
我々はニューヨークタイムズが早急な彼との連絡に全く役に立たなかった事に驚かされました。」

イェイツは警察とニュースオブザワールドが親密な関係にあり
徹底的な捜査がなされていないという、
ニューヨークタイムズからの報道を否定しました。
「もしそうなら貴方達はこのよろしくない
 関係を提示するのに協力しなければならない。」
 と彼は言いました。

マルカイアとニュースオブザワールドの
重役であるクライヴグッドマンの(電話盗聴という形での)
信念は将来巻き込まれるであろう民衆にとってとても抑圧的なものになるでしょう。

ニュースオブザワールドは今日「商業上の妨害」が
目的であるとしてニューヨークタイムズを起訴しました。

タブロイド紙でニューヨークタイムズの代表者はこのように発表しました。
「ニュースオブザワールドはこの事件について、証拠集めや、
彼らには出来ない事全般における協力を求めてきました。
それだけでなく、彼らの記事は、新しくも、
信頼にもおけない証拠を並べておりまた新聞の報道方針に反する、
匿名情報に比重を置いたものでした。」

「そうしながら彼らは更に自身の評判を落とし、また私達への嫌疑を確立しています。
私達はニュースオブザワールドによる悪い風習は絶対に認めません。」

特権委員会の調査した
「2008年中申し立てられ続けていた、
内務大臣の事務室からの書類の漏洩によって逮捕された
トーリー党下院議員ダミアン・グリーンの件」
についての判決が出そうだと下院議員達が発表した事で
特権委員会は今後の捜査の見通しが立ちました。

それは調査の承認を決定する議長のつもりでしょうが、
労働党の下院議員達は今回の多数に渡って行われた議員への
盗聴行為とロンドン警視庁の不十分な対応についての弁明を求めています。

秋月便り←こちらに登録

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。