プロフィール

河野

Author:河野

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盗聴疑惑アンディコールソン(前)

Phone hacking: Andy Coulson offers to talk to police

The Downing Street communications chief, Andy Coulson, told police today that he would be happy to meet them voluntarily to discuss fresh phone-hacking allegations, as Scotland Yard said it was considering whether to reopen the investigation.

John Yates, the assistant Metropolitan police commissioner, said detectives were studying new allegations published by the New York Times last week.

Coulson, who is David Cameron's PR chief, has denied claims in the New York Times that he freely discussed the use of unlawful news-gathering techniques when he was editor of the News of the World. He responded today by saying he was willing to meet police to discuss the allegations.

Friends of Coulson said he had not been contacted by the Met. A spokesman for him said: "Andy Coulson has today told the Metropolitan police that he is happy to voluntarily meet with them following allegations made by [former News of the World reporter] Sean Hoare [in the New York Times].

"Mr Coulson emphatically denies these allegations. He has, however, offered to talk to officers if the need arises and would welcome the opportunity to give his view on Mr Hoare's claims."

The prime minister's spokesman today refused to say whether Cameron believed Coulson's denials. "Andy has made the position clear, and there have been a number of reports over the past few days but none of those reports change anything as far as the prime minister is concerned," the spokesman said.

Pressed on whether this meant Cameron believed Coulson, the spokesman said: "Obviously he accepts the position ... This has been gone over many times in the past. The prime minister accepts the position. He has full confidence in Andy Coulson. And he continues to do his job."

Later the spokesman said there was no signficance in the fact that he said Cameron "accepted" Coulson's statement, instead of saying he believed it. "That means the same thing," he said.

Ministers have been ordered to answer an urgent question on phone hacking in the Commons this afternoon. The question was tabled by the former Labour minister Tom Watson, a member of the Commons culture committee. Theresa May, the home secretary, will respond.

News International and Coulson face the prospect of a fresh parliamentary inquiry after Labour MPs said they planned to press for the issue to be referred to the powerful standards and privileges committee of the House of Commons.

Yates said there had already been a "very, very, thorough [criminal] inquiry" but conceded that there might be cause to revisit it. "We've always said if any new material, any new evidence comes to light, we'll consider it and that's what we are going to do in this case," he told BBC Radio 4's Today programme.

Any decision would be taken in consultation with the Crown Prosecution Service, Yates added. "This was a very, very thorough inquiry," he said. "It resulted in the conviction of two people, it resulted in a very complex area of law being clarified and it sent an extremely strong deterrent to other people."

イギリス政府の通信局局長アンディ・コールソンは
今日警察へ最近の電話盗聴の件で任意で
彼らと話し合いをする事についてロンドン警視庁が
取り調べを再開するかもしれないと言ってきた事と
同じくらい面白いと言いました。(強がったようふうに)

ジョン・イェイツ(ロンドン警視庁長官の助手)は
先週発行されたニューヨークタイムズで
刑事達が新しい申し立てを検討していると話しました。

コールソン(デーヴィッドキャメロンの広報担当者)は
ニュースオブザワールドの編集者を務めていた時、偏向報道を使って
自分に有利な議論をしていたというニューヨークタイムズ上の主張を否定しました。

彼は今日、警察と話し合いの為に会う事も辞さないと返答しました。

コールソンの友人は、
彼はロンドン警視庁から連絡は受けていないと言いました。
彼の代弁者は
「アンディ・コールソンは元ニュースオブザワールドのリポーターである
ショーン・ホアによるニューヨークタイムズ上での
ロンドン警視庁と対談を楽しみにしている」と言いました。

コールソンさんはこれらの主張を断固として否定します。しかしながら彼は、
必要性があり、ショーン氏への反論を歓迎してくれるなら
刑事達との話し合いにも応じると申し出てきました。

キャメロン首相がコールソンの主張を信じているのかどうかという質問に代弁者は答えず、
かわりに「アンディは自分の立場を明確にし、過去数日間いくつかの報告書もありましたが
それらは首相の見解を変えさせる程のものではありません。」と言いました。

これはキャメロンがコールソンの主張を信じているという事でしょうか。
代弁者は続けてこう言いました。
「彼は明らかに今の立場を受け入れており、この件は過去に何度も調べられている。
首相もまた今の立場を受け入れアンディ・コールソンを全面的に信用している。
彼は今の役職を続けるだろう。」

その後代弁者はキャメロンが彼の供述を
「受け入れた」ではなく、信じていると言った事が重要であるとし、
「それは彼の主張を支持しているのと同じ意味です。」と言いました。

大臣は今日の午後から電話盗聴に関する
しつこい質問に答えるよう下院へ命令しましたが
元労働党の大臣のトム・ワトソン、
下院文化委員会のメンバーによって見送られました。
しかし秘書官であるテレサ・メイは応じるでしょう。

ニュースインターナショナルとコールソンは
労働党下院議員達の、彼らは計画的に下院委員会に
強力な権威と特権をもって圧力をかけているという話の後、
議会からの新たな取り調べの見通しに直面しています。

イェイツは「それは非常に徹底した、まるで刑事上の取り調べのようだった。」
と言いました。彼はまたその場に戻って来るかもしれません。(捜査の参考とする為に)
「我々は既に言っているように、もし、この事件を明らかにするような新たな資料、
証拠が見つかったなら再び良く考えた上で捜査します。」と今日のBBCラヂオ4の番組で話していました。

いつくかの決議には検察庁からの意見も取り入れられるでしょうと、イェイツは付け加え、
「今回の調査は非常に徹底したものであり、人々の意見を二つに分け、
法律の面で分かり易く明らかにし、そして国の権威の強固さを人々に見せつけるものでした。」
とも言いました。

秋月便り←こちらに登録

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。