プロフィール

河野

Author:河野

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TheFinancialTimes小沢一郎への評価

The wrong man for Japan
↑見られない場合はgoogle検索から入って下さい。

The wrong man for Japan
Published: August 29 2010 20:37 | Last updated: August 29 2010 20:37
If Dante’s version of hell had nine circles of suffering, then Japan’s version of politics must have at least nine circles of farce. After only three months in the job, Naoto Kan – the third prime minister in a year – is being challenged for the leadership of his party. The grizzled pretender for the job of leading Japan from its deflationary funk is Ichiro Ozawa, a man more used to operating from the shadows than in the international spotlight. If Mr Ozawa, who recently referred to Americans as “single-celled organisms”, becomes prime minister, he will be Japan’s most interesting prime minister since Junichiro Koizumi left office in 2006. He would also be a disaster.
Mr Ozawa, doubtless a multi-celled organism, has some interesting ideas. He was one of the first to suggest that Japan become a “normal nation”, throwing off its postwar legacy of leaving its defence in US hands. In the 1990s, Washington championed him as a political and economic reformer, but has cooled on him more recently. The last US ambassador to Tokyo could not even arrange to meet him when he was leading a revolt against a Japanese mission to refuel US ships operating near Afghanistan. Mr Ozawa has also advocated friendlier ties with China, yet is openly contemptuous of that country’s one-party system.

More than his confusing foreign policy stance, Mr Ozawa is unfit to be prime minister because of his domestic record. Though strategically brilliant, he is quixotic and destructive. He was instrumental in bringing down the long-ruling Liberal Democratic party in the early 1990s and again last year. On the first occasion, he went on to undermine the coalition, paving the way for the LDP to return to power after a short absence. This time, he may repeat the trick. If, as some predict, his leadership challenge splits the Democratic Party of Japan, the LDP could sneak back into office.
The Japanese public dislikes him. In a recent poll, 79 per cent of respondents said they did not want him returning to an important party post. (He quit as secretary-general in part because of an alleged funding scandal.) Yet so out of touch are Japan’s politicians that he may win anyway. With support from around half his party’s MPs, Mr Ozawa has a good chance of defeating Mr Kan in the leadership contest on September 14. If the DPJ makes him its head, and hence prime minister, it will have betrayed its promise to bring Japan a new kind of politics. If it goes on to surrender power, it will only have itself to blame.
Copyright The Financial Times Limited 2010. You may share using our article tools. Please don't cut articles from FT.com and redistribute by email or post to the web.

日本にとって良くない人
発行日: 2010年8月29日の20:37| 最終更新日: 2010年8月29日の20:37

もし、ダンテの世界の地獄が苦しみの9つの階層出来ていたなら、
日本の政治は、少なくとも9つの笑劇の階層で出来ているに違いない。

ここ1年で3番目の首相となった菅直人は仕事を始めてほんの3ヶ月後に
彼の党の指揮権について挑戦されつつあります。

小沢一郎はデフレの落ち込みから日本を救うふりをしている人物で、
彼は国際的なスポットライトを当てられる所よりは、
裏方を中心に活動する事に慣れた人物です。

小沢氏(最近アメリカ人を単細胞と呼んだ)
が首相になれば小泉純一郎が退職した2006年以来、
最も興味深い首相になるでしょうが、災害ともなるでしょう。

多数の細胞からなる有機体であろう小沢氏(皮肉)は
いくつかの面白い考えを持っています。
彼はアメリカの手による国防という戦後の負の遺産を
振り払い日本を「正常な国」にしようと言った最初の人達の一人でした。

1990年代に米国政府は政治上のそして、
経済の改革者として彼を擁護しましたが、ここ最近その情熱が冷めました。

彼が日本の行ったアフガニスタン近くのアメリカ軍用艦への
給油活動に反対した時、前の東京にいたアメリカ大使は彼と会う事さえできませんでした。
また、小沢氏は中国との友好的な結びつきを
強調していますが、中国の一党独裁政に対しては公然と軽蔑しています。

小沢氏が国内でしてきた事は、
彼の紛らわしい外交政策の姿勢以上に首相には相応しくないものです。
例え素晴らしい戦略的手腕を持っていようとも
彼は非現実的で破壊的なのです。

彼は1990年代前半と去年に再び、
長い支配を行っていた自民党を打ち倒す際に活躍しました。
自民党が自らの権力の座を取り戻そうと行動している僅かな隙に、
彼は機会を見つけ次第、連立政党をひそかに攻撃し続けました。

今回、彼はまたそのような策略を使うでしょう。
もし、彼の挑戦が民主党に分裂をもたらすなら、
誰かが言っていたように自民党が復権するかもしれません。

日本の民衆は彼が嫌いです。
最近の世論調査では回答者の79%が
彼が党の重要なポストに復帰する事を望んでいません。
(彼は政治資金のスキャンダルで幹事長を辞任していました)
だから、彼は恐らく勝つだろうにも関わらず
未だに日本の政治家達と接触していません。

彼の派閥であるおよそ半分の国会議員達の協力によって
小沢氏は9月14日の代表選で菅氏に対して十分な勝算があります。
もし、民主党が小沢氏を党首に、また今後首相に選ぶような事が有れば、
日本に新しい政治をもたらすという国民への約束を破る事になるでしょう。
小沢氏の権力に屈し続けるなら民主党は自分達への非難に苦しむだけです。

秋月便り←こちらに登録

間違いに気付いたら後で直すかもしれません。

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。