プロフィール

河野

Author:河野

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管対小沢、海外の反応

Japan’s PM faces leadership threat
↑見られない場合はgoogle検索から入って下さい。

Japan could have its third prime minister in a year after Ichiro Ozawa, the scandal-ridden Democratic party heavyweight, announced that he would challenge Naoto Kan, prime minister.

The controversial but extremely influential politician said he would run against Mr Kan in the party’s September 14 leadership contest. By entering the race, Mr Ozawa has brought to the fore a deep split that has plagued the ruling DPJ since it came to power in a historic election last September.

“I decided to enter the race … after former prime minister Yukio Hatoyama said he would like to support me fully,” Mr Ozawa said after meeting the former leader.

Mr Hatoyama, who stepped down as prime minister in June, had previously lent his support to his successor Mr Kan.

Mr Ozawa’s move comes as Japan increasingly worries about a possible double-dip recession. The Japanese economy has been hit by a sharp rise in the yen, a slowdown in exports and weak domestic demand.

The leadership challenge also adds to the policy paralysis that has characterised the DPJ since Mr Kan replaced Mr Hatoyama as prime minister just over two months ago.

The DPJ won a landslide victory last September, ending decades of rule by the Liberal Democratic party. But it has since been plagued by scandals, internal bickering and policy U-turns. Mr Hatoyama was forced to resign after just nine months over a financial scandal.

The DPJ now faces an Upper House dominated by opposition parties, a situation that is likely to lead to further policy paralysis as the prime minister and his key cabinet ministers focus on the election.

Depending on the outcome of the poll, in which 345,287 Democratic party politicians and party members, will vote, Japan could have a new prime minister with a very different policy agenda from Mr Kan.

Mr Ozawa has been critical of Mr Kan’s calls for raising the consumption tax and his support for an agreement with Washington to re-locate a US marine base in Okinawa.

The blunt Mr Ozawa was highly critical of the US this week. In comments that were unusually direct for a Japanese leader, he said: “I like Americans but they’re somewhat [simple] like single-celled organisms.”

With the support of Mr Hatoyama and his followers, Mr Ozawa has a slightly better than 50 per cent chance of winning on the basis of the parliamentarians’ vote.

However, Takao Toshikawa, editor of Insideline, a current affairs newsletter, said the outcome would be hard to predict as the Japanese public is highly critical of Mr Ozawa, who has been embroiled in a scandal over political funds.

Analysts said that Mr Ozawa was likely to leave the DPJ, taking his 40 followers with him, if he loses. That could result in political realignment, could even pave the way for the Liberal Democratic party to return to power.

Osamu Suzuki, chairman of Suzuki Motor, said he would rather that the DPJ prioritised the economy over its own political manoeuverings.

“I would like them to fight their battle after they implement measures to ensure Japan does not sink [as a result of the yen’s rise]”, Mr Suzuki said.


醜聞まみれの民主党の重鎮である小沢一郎が現首相である菅直人に挑戦するだろう
と発表した事によって日本は1年間で3番目の首相をもつ事が出来るかもしれません。

この件は議論を呼びましたが、ある非常に有力な政治家は
小沢は9月14日の代表選挙で管に対抗して立候補するだろうと話していました。
出馬するにあたり、小沢は去年9月の歴史的選挙以来の
党内に不和をもたらした民主党への支配的な権力を前面に持ち出しました。

「前首相である鳩山由紀夫が私に十分な支援をしたいといった事で出馬を決意した」
小沢は前首相との会合の後でこう言いました。

6月に首相を辞任した鳩山氏は彼の後任である菅氏に援助を与えていました。

小沢氏の動向は日本経済におけるに不景気の二番底に対する不安をますます強くさせます。
日本経済は円の急激な上昇、輸出と弱い内需によって打撃を受けました。

この挑戦は菅氏が鳩山氏の後任として首相になった丁度2ヶ月前からの
民主党らしい政策に麻痺もまた加えます。

民主党は去年の9月に圧倒的な勝利を収める事で
自民党の数十年に及ぶ支配を終わらせました。
しかしそれ以来醜聞、内部での口論と政策の転換に苦しんでいます。
鳩山は丁度9ヶ月前に金融がらみの不祥事で辞任せざるを得なくなりました。

民主党は野党が優位を占める参議院で現首相と
その内閣の大臣達が選挙に関心を集めている時、
より一層の政策の麻痺を進める事態に直面しています。

345287人の民主党の政治家と党員の投票結果によって
日本は菅氏の政策課題と非常に異なる首相をもつ事が出来ます。

小沢氏は菅氏の消費税引き上げの予報と彼が賛成した
ワシントンとの沖縄の米海軍基地移設に関する協定を厳しく批判しています。

無遠慮な小沢氏は今週アメリカを酷評しました。
その意見は日本のリーダーとしては滅多に無い率直なものでした。
彼は言いました。
「アメリカ人は好きだが彼らは単細胞なところがある。」

鳩山氏とその支持者の援助によって小沢氏には
国会議員達の票に基づいて50%より少し高い勝ち目があります。

しかしながら、インサイドライン
(現在流通している時事通信)の編集者、歳川隆雄は
日本国民は政治資金上のスキャンダルに巻き込まれた
小沢氏を非常に厳しく批判しているため結果の予想は難しいと話しました。

アナリストは、もし小沢氏が負けるなら
彼は彼の支持者40名を引き連れて民主党から去るだろうと言いました。
それは政党の再編成という結果に終わらせる事や
自民党の権力の返り咲きへの道を敷く事さえ出来たでしょう。

スズキ自動車の社長、鈴木修は
民主党は身内への政治工作よりは
経済を優先した方がよいと言いました。

「私は日本が円の上昇によって沈没しない事を
 保証する法案を実施した後で戦ってほしい」
鈴木氏は言いました。

秋月便り←こちらに登録

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。