プロフィール

河野

Author:河野

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のセミナー2回目

The Third Depression
But future historians will tell us that
this wasn’t the end of the third depression,
just as the business upturn that began in
1933 wasn’t the end of the Great Depression.
After all, unemployment especially long-term unemployment
remains at levels that would have been considered catastrophic not long ago,
and shows no sign of coming down rapidly.
And both the United States and Europe are
well on their way toward Japan-style deflationary traps.

しかし未来の歴史家達は我々に1933年の大恐慌は終わった途端に景気が好転したから
この3番目の大不況はまだ終わっていないと語るでしょう。
とにかく失業率は、特に長い期間の失業率は
そう遠くない昔から破滅的な水準で存続していたとかんがえられていただろうし、
また、急激に下落し続ける印も見られなかった。
だからアメリカと欧州は日本式のデフレの罠の方へ進んで衰えた。

In the face of this grim picture,
you might have expected policy makers to realize
that they haven’t yet done enough to promote recovery.
But no: over the last few months there has been a stunning resurgence
of hard-money and balanced-budget orthodoxy.

この恐ろしい状況に直面して
貴方は市場を理解した政策に期待するかもしれないが
彼らは未だにそれほど十分な回復を推進出来ていない。
しかしここ数カ月で均衡予算における正統主義者達が復活した。

As far as rhetoric is concerned,
the revival of the old-time religion is most evident in Europe,
where officials seem to be getting their talking points from
the collected speeches of Herbert Hoover,up to and including the claim that
raising taxes and cutting spending will actually expand the economy,
by improving business confidence.
As a practical matter, however, America isn’t doing much better.

弁論に関しては西欧の役人達からは
国の増税と支出の削減によって経済を拡張し企業の投資意欲を
改善させるというハーバードフーバーのスピーチ集を話題にしたように見える
古い宗教の再流行である事はもっとも明らかだ。
しかし実際にはアメリカは良くならなかった。

The Fed seems aware of the deflationary risks
― but what it proposes to do about these risks is,well, nothing.
The Obama administration understands the dangers of premature fiscal austerity
― but because Republicans and conservative Democrats in
Congress won’t authorize additional aid to state governments,
that austerity is coming anyway, in the form of budget cuts at the state and local levels.

FEDはデフレーションの危険に気付いたように見えるが
これらの危険に対して何も提案しなかった。
オバマ政権は早計な緊縮財政は危険であると理解した
しかし国会の共和党と保守党の民主主義者が
政府が追加援助する事を許さないだろう事によって
地方各州単位で予算の削減の緊縮財政になっていく。

Why the wrong turn in policy?
The hard-liners often invoke the troubles facing Greece and other nations
around the edges of Europe to justify their actions.
And it’s true that bond investors have turned on governments with intractable deficits.
But there is no evidence that short-run fiscal austerity
in the face of a depressed economy reassures investors.

何故政策を転換したのか?
強硬派はしばしばギリシャとその周りの西欧の辺境の国が直面している
問題を使って自分たちの行動を正当化している。
投資家達が手に負えない赤字を政府に求めたのは本当です。
しかし短期的な緊縮財政には直面している
景気後退から投資家達を安心させる証拠は無かった。

On the contrary: Greece has agreed to harsh austerity,
only to find its risk spreads growing ever wider;
Ireland has imposed savage cuts in public spending,
only to be treated by the markets as a worse risk than Spain,
which has been far more reluctant to take the hard-liners’ medicine.

反対にギリシャは公共への支出を猛烈に削減したアイルランドが
強行論者のやり方を嫌々実行したスペインより
市場をより悪くしか扱えなかった事を知り危険を拡大しない為に
過酷な緊縮財政を受け入れた。

It’s almost as if the financial markets understand what policy makers seemingly don’t:
that while long-term fiscal responsibility is important,
slashing spending in the midst of a depression,
which deepens that depression and paves the way for deflation,
is actually self-defeating.

金融市場はどうも政策当局が長期的な政策の責任の重要性が分かっておらず
恐慌の真っただ中での支出の削減で恐慌をより深刻にし
自滅的なデフレへの道を敷いている事を理解しているようだ。

So I don’t think this is really about Greece, or indeed
about any realistic appreciation of the tradeoffs between deficits and jobs.
It is, instead, the victory of an orthodoxy that has little to do with rational analysis,
whose main tenet is that imposing suffering on
other people is how you show leadership in tough times.

私はギリシャが本当に赤字と働き口を交換する現実的な経済回復をしたとは思わない。
その代わりに正統派主義者達の勝利に関係ある主な教義の理性的な分析は
人々の厳しい時間の中の目を見張るような苦難に対してどのようなリーダーシップ見せるのか。

And who will pay the price for this triumph of orthodoxy?
The answer is, tens of millions of unemployed workers,
many of whom will go jobless for years, and some of whom will never work again.

誰が正統派主義者達の業績に対価を支払いますか?
その答えは数年の間に職を失い二度と働く事の無い数千万人もの失業者達です。

不景気に対する一番の対策はばらまき政策でも均衡予算でもなく
失業者達への再教育ですが、殆どの人は学ばないので結局戦争、
というのが恒例のようです。

ここの所多忙になっており復習の掲載が遅れてしまいました。
人はいつもやらなければいけない時に何もせず
忙しくなったり手遅れになってから「あの時勉強していればと」後悔するものです。
まだ学ぼうという気力が残っているなら当日も受け付けておりますので
813の懇親会に是非ご参加ください。

秋月便り←こちらに登録
コメントの投稿
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。