プロフィール

河野

Author:河野

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラビ・バトラ2009年断末魔の資本主義10

エピローグ プラウト経済の実現に向かう日本

●「経済民主主義政策」=プラウト経済政策

次の世界にきたるべき経済システムについて、これまで、
私の著者でたびたび紹介してきたので、ここでは簡単にその概要を説明したい。

私が考える、これまでの資本主義がはらんでいた諸矛盾を
解消するための新しい経済システムは、「経済民主主義政策」=「プラウト経済政策」だ。

プラウトとは、
「プログレッシブ・ユーティライゼーション・セオリー(progressive utilization theory)」
のイニシャルからきた呼び名だ。そのまま翻訳すれば「進歩的活用理論」となる。

このプラウト経済政策は、
1959年に私の師であるプラバット・ランジャン・サーカー師によってはじめて提唱された、
包括的で実用的な経済政策であり、社会政策だ。

これは、資本主義崩壊後の人類が目指すべき、
唯一の、まったく新しい経済・社会システムだ。

その理論の「3つの柱」となるのは、

1 世界中の資源とその活用の可能性は、人類すべての共有財産と認識する。

2 資源を最大限に効率よく活用し、
  それを合理的に分配し、真の意味での個人と社会の進歩を目指す。

3 諸悪の根源である富の集中を排除した、倫理的で合理的な利益分配システムを作り上げる。

というものだ。これは、資本主義と真っ向から対立する概念というわけではない。
資本主義にも、いい部分もあったし、実際に資本主義によって人類の社会は発展してきた。
プラウト経済政策は、資本主義や社会主義などが持つ、
いいところを組み合わせた新たな政策なのだ。

そしてプラウト経済政策の究極の目的は、「世界から貧困をなくす」ということだ。
これが、私が経済に関わる目標でもある。

プラウト経済政策では、「資本家」に権力を渡さない。富と権力を一極に集中させず、
富の分配を公平にする。勤労者に個々の生産性に見合った配分をおこなう。
そしてなによりも、雇用を確保する。

この理想の実現にもっとも近いのが日本社会だと私は考えている。

秋月便り←登録必須





テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。