プロフィール

河野

Author:河野

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーターショーに電動バイク登場

2010 Paris Auto Show: World Premiere MINI Scooter E

Paris Motor Show not only hosted the world premieres of the new 6 Series Coupe, or the redesigned X3 and the return of the MINI WRC, but also introduced a new design direction for BMW, this time, in the scooter market.

MINI unveiled three Scooter electric models and the automotive world has already begun to ask if “MINI has gone too far”.

The drivetrain is based on that of the MINI E: a single electric motor is integrated into the rear wheel hub, and power comes from a compact lithium-ion battery stored under the seat. The battery can be charged from any standard A/C power outlet, via a retractable cable at the back of the scooter.

Its driving autonomy is estimated between 50 and 60 miles with a recharge time of four to five hours. While not officially confirmed, top speed is rumored to be between 28 and 31 mph.
BMW design chief Adrian van Hooydonk says Scooter E Concept represents an electric vision of the future as urban mobility takes a new direction. “We are delighted to pay homage to our British heritage while also marking a new era for Mini,” he said. “The Scooter E Concept is true to our brand values and builds further on these characteristics by combining driving pleasure with sustainable technology.”

The performance of the engine is intended to satisfy the urban needs, thus turning the scooter in an ideal transportation means in the city, and perfectly ecologic.

Design wise, MINI Scooter E sporting styling cues that mimic the MINI automobiles, starting with the twin vertical taillights, oval headlight and lots of chrome. Similar to the Countryman, the MINI Centre Rail system is an option for the Scooter E.

Technolog, innovation and social networking is what defines the MINI Scooter E. A smartphone acts as the ignition key, and the MINI ConnectedDrive takes the integration of navigation system with other devices to a new level.

Furthermore, catering to the typical MINI demographic, the navigation application enables drivers show MINI Scooter E Concept drivers on the map and it encourages interaction.

Facebook-style on two-wheels? It seems like we’re not that far off.


2010年パリのモーター(オート)ショーでMINI Scooter E、世界初公開。

パリモーターショーはBMWにとって新しい6シリーズ、クーペや
新型のX3、MINI WRCを初公開するだけでなく、
新しいデザインの方向性を紹介する為の場でもありました。

今回、MINI社は3つの電動型スクーターを初公開しましたが、
自動車業界はすでに「MINIは度が過ぎていないか」と言っています。

ドライブトレインはMINI E(電気自動車)のものに基づいています:
単一の電気モーターは後輪ハブと連動しており、
動力は席の下に格納されたコンパクトなリチウムイオン電池から来ます。
この電池は車体後部に内蔵されているケーブルを通してどんな規格のA/Cコンセントからも充電できます。

走行距離は4-5時間の充電で50から60マイルと見積もられています。
公式に確認されていない間、最高速度は28から31mph位だろうと噂されていました。

BMWのデザインチーフ、エイドリアン・ファン・ホーイドンクは
Scooter E Conceptは未来の都市での新しい移動手段を象徴していると話しました。
「イギリスの歴史に新しくMINIの時代が加わった事に、敬意を払ってくれるなら私達はとても嬉しい。」
彼は言いました。
「Scooter E Conceptは私達のブランド価値を忠実に表しており、
その傾向は、これらの運転する喜びと、それを持続する技術を統合させた
この商品の特徴によってより進みます。」

このエンジンの性能は都市で必要とされその結果このスクーターも
理想的な輸送手段になります。また、環境にも非常に優しいです。

デザインに関しては、2つの縦型のテールランプに始まり、
楕円形のヘッドライト、クロームを多く施した仕様と、
MINIの自動車のものを取り入れています。
「カントリーマン」と同様にこのスクーターEにも
MINIセンターレールが付属しています。

Scooter Eには革新的で情報社会的な技術が使われています。
それはスマートフォンがイグニッションキーの役割を果たすという事です。
これによって運転と新しい水準の他のナビゲーションシステムが統合されます。

なお、MINIがとった統計では、このナビゲーションアプリケーションは
MINI Scooter Eとドライバーを(良い意味で)目立たせるという結果が出ています。

フェイスブック型の二輪が登場するのも、そう遠くないように見えます。

秋月便り←こちらに登録

スポンサーサイト

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

日本人留学生保釈

Japanese student charged, released on bail after dead infant found in Saanich home

Victoria, B.C. - A 20-year-old international student charged with concealing the birth of a child and failing to obtain birthing assistance has been released on $10,000 bail.

Narumi Bito, a Japanese woman registered in a six-month ESL program at the University of Victoria, was released from custody this afternoon on conditions which include surrendering her travel documents, not leaving the province of B.C. and reporting to her bail supervisor on a regular basis.

Bito arrived in Victoria in August and moved in with a homestay family on Saanich Road.

Police were called to the home on Monday and found a dead baby inside a plastic bag. An initial autopsy found no obvious reason for the baby’s death. Further tests are needed to determine what caused the death of a newborn baby. It could be weeks or months before police determine the exact cause.

Bito’s parents are on their way to Victoria to be with her, defence lawyer Mayland McKimm said yesterday outside the Victoria provincial courthouse. In the meantime, the university has helped to find a new home and a surety for Bito.

“UVic has done a yeoman’s duty in finding people to step into the breach in this most unfortunate circumstance,” said McKimm. “In this case, there’s been an enormous amount of respect for the cultural issues that are involved. The university obviously prides itself on its international programs and they’ve taken on a real guardianship role with respect to making sure Miss Bito is well cared for. They’ve done a tremendous amount of work in making sure she’s covered off and not left astray.”

According to McKimm, Crown and defence worked together on the release conditions to make sure Bito shows up for her court dates and to make sure she is not a risk to herself or to the public.

“Miss Bito has no prior history. It’s obviously safe and in the public interest that she be released,” he said.

Bito’s next appearance has been scheduled for Dec. 6.

“There’s a tremendous amount of forensic work and more investigation that has to be done, so we’ve put it off until December to see what happens and how the case is going to play out. Once we know that, we’ll set a trial or deal with matter in some other way,” said McKimm.

After her arrest, police took Bito to hospital to get medical attention. She is holding up well and appears to be healthy, said McKimm. She’s made it clear she wants to go back to school, continue with her course of studies and ultimately return home.

However, the possibility of additional charges is causing her some anxiety.

“That’s the problem,” said McKimm. “We don’t know what this is about and the forensics haven’t given us any clarity on where this file might be going.”

McKimm hasn’t asked Bito what happened yet and has not received any disclosure from Crown.

Lawyer Christopher Mackie, who is fluent in Japanese, has been helping McKimm explain the legal process to Bito.

“There’s a lot of stress and we’re trying to reassure her there’s a process to follow and we’re doing our best to assist her,” said Mackie. “It’s difficult for her to adjust from being in class to being in custody.”

The fact that Mackie can talk to her in her own language has made her feel a little more at ease.

Saanich and Victoria police have also done everything they can to put her at ease under the circumstances, he said.

The greatest challenge in the case will be the differences between Japanese culture and our culture, now they’ve come in conflict with the criminal law, said McKimm.

In general, shame plays a bigger role in Japanese culture than Canadian culture, explained Mackie.

“The sense of responsibility Japanese people feel is also much greater than Canadians would feel. Their responsibility is not just to themselves but to their family, their neighbourhood, their community and their country.”


告訴されていた日本人学生がサーニッチにある家で
幼児の死体が発見された事で保釈されました。

ビクトリアB.C.(ブリティッシュコロンビアの州都)で
子供の誕生を隠し、出産支援を受けなかった事で告発されていた
20歳の留学生は、1万ドルの保釈金で釈放されました。

尾藤成美(仮)さん(ビクトリア大学の6ヶ月のESLプログラムに登録されている日本人女性)は
今日の午後、彼女のパスポートを渡す事、このB.C.の田舎から出ない事、
そして政府の担当者に常に報告する事等を条件に保釈されました。

尾藤さんは8月、ビクトリアに到着し
サーニッチ通りにあるホームステイ先の家族の所に入居しました。

警察は月曜日、通報を受けてポリ袋の中で死んでいる幼児を発見しました。
最初の検死では幼児の明確な死因は見つかりませんでした。
この生まれたばかりの幼児の死にはより詳しい検査が必要です。
正確な死因は警察の捜査結果の数週間から数カ月前にある可能性があるからです。

尾藤さんの両親は彼女の力になる為にビクトリアへ向かっています。
彼女の弁護士であるメイランドマッキン氏はビクトリアの地方裁判所の外でこう話しました。
「大学は暫くの間、尾藤さんへの新しい家と生活の保証を用意してくれています。」

「ビクトリア大学はこの最も不幸な状況にある市民の
突破口を見つける事で、ヨーマン(独立した農夫)の義務を果たしました。
今回の事件で彼らは尾藤さんに敬意を表しました。
彼らは国際的な教育課程を誇っており、尾藤さんの安全を保証する事で保護者としての役目を果たし、
また、彼女の疑いを取り払い路頭に迷わないにする為にも大きな努力をしました。」

尾藤さんの次の出廷は12月6日に予定されています。

「私達は膨大な量の法廷に関する仕事と調査をしなけならずまた、
何が起こり、どのような結果になるか把握する為、次の出廷を12月まで延期しました。
しかしそれらが分かったなら裁判かまたは、その他の方法で応じるでしょう。」
マッキン氏は話しました。

彼女の逮捕後、警察は治療を受けさせる為病院に連れて行きました。
彼女は盛んに手を振っていたので健康そうに見えたとマッキン氏は言いました。
彼女は身の潔白を証明し学校に戻って教育課程の続きを受け、最後に家に帰りたいと思っています。

しかしながら、追加告訴の可能性が彼女を幾らか不安にさせています。

「それは問題です。私達はそれについて何も知りませんし、
法廷は提出されるであろう告訴状について、明確には教えてくれませんでした。」
マッキン氏は話しました。

マッキン氏はまだ何が起こったのか尾藤さんに尋ねておらず、
公開された警察からの情報も容認していません。

クリストファーマッキー氏(日本語が流暢な)は
マッキン氏が尾藤さんに法律上の過程を伝えるのに手を貸してくれています。

「多くの圧力はありますが、
彼女を安心させこの件に対して最善を尽くします。
彼女が収監された状況に慣れるのは難しい事です。」
とマッキー氏は話しました。

マッキー氏が日本語で話してくれる事が彼女の気を少し楽にしました。

また彼は、サーニッチとビクトリア警察がこの状況から
彼女を楽にするよう、出来る限りの事をしてくれたとも話しました。

今回の場合における最大の問題は日本の文化と私達の文化の違いになるでしょう。
それらは今、刑法の中で戦いに突入しています。

マッキー氏は一般的に日本の文化は
恥の概念がカナダの文化より大きな役割を果たしていると話しました。

「また、日本の人々の持つ責任感もカナダ人のものよりも遥かに大きいです。
その責任感は自分達だけでなく、彼らの家族、住んでいる地域、共同体、そして国にまで及びます。」

秋月便り←こちらに登録


テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

静かに力を獲得する中国

China's quiet power grab

In April, the Chinese navy abruptly deployed 10 warships near the Japanese coast and sent helicopters to buzz Japanese ships. In July, the Chinese foreign minister angrily asserted his country's claim to international waters in the South China Sea, along with some islands claimed by others. Last week, a Chinese fishing trawler smashed into two Japanese Coast Guard boats, possibly on purpose, leading to a Japanese arrest and a furious reaction from Beijing.

Throw in a few rhetorical outbursts -- the Chinese U.N. official who ranted a couple of weeks ago about not liking Americans -- and certainly it does seem as if Chinese military, territorial and diplomatic aggression is rising. It is an extraordinary development, largely because, from China's point of view, it doesn't make sense. Why on earth should China shout, bully and push its neighbors around? Over the past decade, China has kept silent, lain low and behaved more like a multinational company than a global superpower -- and garnered enormous political influence as a result.

The fruits of this success are everywhere. Look at Afghanistan, for example, where American troops have been fighting for nearly a decade, where billions of dollars of American aid money has been spent -- and where a Chinese company has won the rights to exploit one of the world's largest copper deposits. Though American troops don't protect the miners directly, Afghan troops, trained and armed by Americans, do. And though the mine is still in its early phases, the Chinese businessmen and engineers -- wearing civilian clothes, offering jobs -- are already more popular with the locals than the U.S. troops, who carry guns and talk security. The Chinese paid a high price for their copper mining rights and took a huge risk. But if it pays off, our war against the Taliban might someday be remembered as the war that paved the way for Chinese domination of Afghanistan.

America fights, in other words, while China does business, and not only in Afghanistan. In Iraq, where American troops brought down a dictator and are still fighting an insurgency, Chinese oil companies have acquired bigger stakes in the oil business than their American counterparts. In Pakistan, where billions in American military aid helps the government keep the Taliban at bay, China has set up a free-trade area and is investing heavily in energy and ports.

China has found it lucrative to stay out of other kinds of conflicts as well. Along with Western Europeans, Americans are pouring vast amounts of public and private money into solar energy and wind power, hoping to wean themselves off fossil fuels and prevent climate change. China, by contrast, builds a new coal-fired plant every 10 days or so. While thus producing ever more greenhouse gases in the East, China makes clever use of those government subsidies in the West: Three Chinese companies now rank among the top 10 producers of wind turbines in the world.

Quietly, the Chinese have also cornered the market in rare-earth metals, unusual minerals that have lovely names (promethium, ytterbium) and are vital for the production of cellphones, lasers and computers -- not to mention hybrid cars, solar panels and wind turbines. Though China doesn't control the world's reserves of these elements, some of which aren't all that rare, mining them is dirty, labor-intensive and ideally suited for cheap production in a country with low wages and lower environmental standards. Nobody else can compete, which is why China now controls 99 percent of the world's supply of some of these elements.

Of course if they are so inclined, their monopoly could be used to raise the prices of solar panels and cellphones. They could do even more damage if they wished. Last week, it was reported that China had stopped shipping rare-earth metals to Japan in retaliation for the Japanese arrest of that Chinese fisherman. The glitch in supplies now appears to have been connected to a Chinese holiday -- or that's what the Chinese are saying -- but markets and pundits sounded belated alarm bells nevertheless.

Which brings me back to my original point: Why on earth are the Chinese playing military games with Japan, threatening Southeast Asia or entering politics at all? When they stay silent, we ignore them. When they threaten boycotts or use nationalist language, we get scared and react. We still haven't realized that the scariest thing about China is not the size of its navy or the arrogance of its diplomats. The scariest thing is the power China has already accumulated without ever deploying its military or its diplomats at all.


4月に中国海軍は突然日本の海岸近くに10隻の軍艦を配置し
日本の船を煽る為にヘリコプターを飛ばしてきました。
これについて7月、中国の外務大臣は
南シナ海の、日本が領有権を主張している島々に沿った
公海上での事なので問題は無いと主張しました。
先週、中国籍漁船が日本の巡視船2隻に衝突した事件がありましたが、
あるいは北京がわざと日本の逮捕と怒りを引き出す為にやらせたのかもしれません。

この幾つかの大げさな衝突
(数週間前中国当局は国連でアメリカが嫌がるような発言をしました。)
で明らかに中国は領土、外交に対する攻撃性が高まっているように見えます。
中国側の視点ではその事に気が付けないでしょう。
何故中国は周辺の国々に威張り散らすのでしょうか。
過去10年以上、中国は世界的な超大国というよりは多国籍企業のように静かに、
行儀よく振る舞っていました。そしてその結果として巨大な政治的影響力を獲得しました。

その成果はいたる所にあります。例としてアフガニスタン
(10年近くアメリカ軍が戦闘を続けており、また莫大な支援金を投入している)
を見て下さい。そこで中国の企業は世界で最も大きい銅鉱山の一つを開拓する権利を獲得しました。
アメリカ軍は、彼らが訓練と武装を与えているアフガン軍の人達とは違い、
炭坑夫を直接守ってはくれなかったからでしょう。
そして、鉱山は早い段階で平和になっていると思います。
既に中国のビジネスマンと技術者(一般人の服を着て仕事を提供してくれる)
は銃を持ち運びながら安全の話をするアメリカ兵より地元住民に人気があります。
中国は、大きな危険を孕んだ銅の発掘に高い代償を払いました。
しかしこれが上手くいくなら、いつの日かタリバンと私達の戦争は
中国のアフガニスタンへの優位性を確立したものとして記憶されるかもしれません。

アメリカが戦っていると言い換えるならば、その一方で中国は商売をしています。
しかしそれはアフガニスタンだけではありません。
イラク(アメリカ軍が独裁者を打ち倒し、ゲリラとも戦っている)で、
中国の石油企業はアメリカのそれよりも大きな報酬を受け取っています。
パキスタン(アメリカからの莫大な軍事援助によってタリバンから政府を守っている)
では中国は自由貿易地域を設立し、エネルギーと港に大量に投資しています。

また中国は他の国の争い事には関わらないのが得策だと分かっていました。
ヨーロッパ人と共に、アメリカ人は国家的に個人的にも
化石燃料から抜け出し気候変動を防ぐため、
多額の資金を太陽光と風力発電に注ぎ込んでいますが、
中国は対照的に10日あたり1つの石炭火力発電所を建設しています。
そのため今まで以上に温室効果ガスが東洋で発生しています。
そんな中で、中国は自国の補助金を西洋で上手に使っています。
中国の3つの企業は風力タービンの生産者として世界ランクのトップ10に入っています。

また、静かに中国人はレアアース、レアメタルの中でも
特に珍しいプロメチウム、イッテルビウムを市場で独占しました。
これらはハイブリットカーやソーラーパネル、風力タービンは勿論の事、
携帯電話やレーザー、コンピューターを作るのにも非常に重要な物です。
中国は世界に蓄えられているレアメタルを管理している訳でも無いのに採掘するのは汚いです。
そして上記の努力と安い賃金、下落する国際的価格水準によって安価な商品を揃えています。
中国は今世界中のこれらの元素を99%管理しているため誰も競争に参加出来ません。

勿論彼らがその気になれば、独占したそれらを使って
ソーラーパネルと携帯電話の価格を引き上げる事が出来ましたし、
彼らが願うなら損害はより大きくも出来たでしょう。
先週中国が日本による中国人漁師逮捕の報復に
レアアースの日本への出荷をストップしたとの報道がありましたが、
中国はそれらの供給の不調を自国の休日と結びつけた発言をしました。(報復ではない
しかしそれでも、市場と専門家は中国に警告を発しました。

どちらが私の論じたかった事だったでしょうか。
何故中国は日本と軍事ゲームをしているのですか?
東南アジアを脅迫をしたり陥れようとするのですか?
中国のそれらの問題が静まっているなら我々は無視しますが、
ボイコットを起こしたり、国家主義的な言葉を使いだすと脅威を感じます。
私達はまだ中国の恐ろしさは海軍の規模でも、
外交官の傲慢な態度でもないという事を理解していません。
それは配備された軍隊も外交官も抜きにして、既に十分に蓄えられた権力です。

秋月便り←こちらに登録

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。