プロフィール

河野

Author:河野

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーターショーに電動バイク登場

2010 Paris Auto Show: World Premiere MINI Scooter E

Paris Motor Show not only hosted the world premieres of the new 6 Series Coupe, or the redesigned X3 and the return of the MINI WRC, but also introduced a new design direction for BMW, this time, in the scooter market.

MINI unveiled three Scooter electric models and the automotive world has already begun to ask if “MINI has gone too far”.

The drivetrain is based on that of the MINI E: a single electric motor is integrated into the rear wheel hub, and power comes from a compact lithium-ion battery stored under the seat. The battery can be charged from any standard A/C power outlet, via a retractable cable at the back of the scooter.

Its driving autonomy is estimated between 50 and 60 miles with a recharge time of four to five hours. While not officially confirmed, top speed is rumored to be between 28 and 31 mph.
BMW design chief Adrian van Hooydonk says Scooter E Concept represents an electric vision of the future as urban mobility takes a new direction. “We are delighted to pay homage to our British heritage while also marking a new era for Mini,” he said. “The Scooter E Concept is true to our brand values and builds further on these characteristics by combining driving pleasure with sustainable technology.”

The performance of the engine is intended to satisfy the urban needs, thus turning the scooter in an ideal transportation means in the city, and perfectly ecologic.

Design wise, MINI Scooter E sporting styling cues that mimic the MINI automobiles, starting with the twin vertical taillights, oval headlight and lots of chrome. Similar to the Countryman, the MINI Centre Rail system is an option for the Scooter E.

Technolog, innovation and social networking is what defines the MINI Scooter E. A smartphone acts as the ignition key, and the MINI ConnectedDrive takes the integration of navigation system with other devices to a new level.

Furthermore, catering to the typical MINI demographic, the navigation application enables drivers show MINI Scooter E Concept drivers on the map and it encourages interaction.

Facebook-style on two-wheels? It seems like we’re not that far off.


2010年パリのモーター(オート)ショーでMINI Scooter E、世界初公開。

パリモーターショーはBMWにとって新しい6シリーズ、クーペや
新型のX3、MINI WRCを初公開するだけでなく、
新しいデザインの方向性を紹介する為の場でもありました。

今回、MINI社は3つの電動型スクーターを初公開しましたが、
自動車業界はすでに「MINIは度が過ぎていないか」と言っています。

ドライブトレインはMINI E(電気自動車)のものに基づいています:
単一の電気モーターは後輪ハブと連動しており、
動力は席の下に格納されたコンパクトなリチウムイオン電池から来ます。
この電池は車体後部に内蔵されているケーブルを通してどんな規格のA/Cコンセントからも充電できます。

走行距離は4-5時間の充電で50から60マイルと見積もられています。
公式に確認されていない間、最高速度は28から31mph位だろうと噂されていました。

BMWのデザインチーフ、エイドリアン・ファン・ホーイドンクは
Scooter E Conceptは未来の都市での新しい移動手段を象徴していると話しました。
「イギリスの歴史に新しくMINIの時代が加わった事に、敬意を払ってくれるなら私達はとても嬉しい。」
彼は言いました。
「Scooter E Conceptは私達のブランド価値を忠実に表しており、
その傾向は、これらの運転する喜びと、それを持続する技術を統合させた
この商品の特徴によってより進みます。」

このエンジンの性能は都市で必要とされその結果このスクーターも
理想的な輸送手段になります。また、環境にも非常に優しいです。

デザインに関しては、2つの縦型のテールランプに始まり、
楕円形のヘッドライト、クロームを多く施した仕様と、
MINIの自動車のものを取り入れています。
「カントリーマン」と同様にこのスクーターEにも
MINIセンターレールが付属しています。

Scooter Eには革新的で情報社会的な技術が使われています。
それはスマートフォンがイグニッションキーの役割を果たすという事です。
これによって運転と新しい水準の他のナビゲーションシステムが統合されます。

なお、MINIがとった統計では、このナビゲーションアプリケーションは
MINI Scooter Eとドライバーを(良い意味で)目立たせるという結果が出ています。

フェイスブック型の二輪が登場するのも、そう遠くないように見えます。

秋月便り←こちらに登録

スポンサーサイト

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

日本人留学生保釈

Japanese student charged, released on bail after dead infant found in Saanich home

Victoria, B.C. - A 20-year-old international student charged with concealing the birth of a child and failing to obtain birthing assistance has been released on $10,000 bail.

Narumi Bito, a Japanese woman registered in a six-month ESL program at the University of Victoria, was released from custody this afternoon on conditions which include surrendering her travel documents, not leaving the province of B.C. and reporting to her bail supervisor on a regular basis.

Bito arrived in Victoria in August and moved in with a homestay family on Saanich Road.

Police were called to the home on Monday and found a dead baby inside a plastic bag. An initial autopsy found no obvious reason for the baby’s death. Further tests are needed to determine what caused the death of a newborn baby. It could be weeks or months before police determine the exact cause.

Bito’s parents are on their way to Victoria to be with her, defence lawyer Mayland McKimm said yesterday outside the Victoria provincial courthouse. In the meantime, the university has helped to find a new home and a surety for Bito.

“UVic has done a yeoman’s duty in finding people to step into the breach in this most unfortunate circumstance,” said McKimm. “In this case, there’s been an enormous amount of respect for the cultural issues that are involved. The university obviously prides itself on its international programs and they’ve taken on a real guardianship role with respect to making sure Miss Bito is well cared for. They’ve done a tremendous amount of work in making sure she’s covered off and not left astray.”

According to McKimm, Crown and defence worked together on the release conditions to make sure Bito shows up for her court dates and to make sure she is not a risk to herself or to the public.

“Miss Bito has no prior history. It’s obviously safe and in the public interest that she be released,” he said.

Bito’s next appearance has been scheduled for Dec. 6.

“There’s a tremendous amount of forensic work and more investigation that has to be done, so we’ve put it off until December to see what happens and how the case is going to play out. Once we know that, we’ll set a trial or deal with matter in some other way,” said McKimm.

After her arrest, police took Bito to hospital to get medical attention. She is holding up well and appears to be healthy, said McKimm. She’s made it clear she wants to go back to school, continue with her course of studies and ultimately return home.

However, the possibility of additional charges is causing her some anxiety.

“That’s the problem,” said McKimm. “We don’t know what this is about and the forensics haven’t given us any clarity on where this file might be going.”

McKimm hasn’t asked Bito what happened yet and has not received any disclosure from Crown.

Lawyer Christopher Mackie, who is fluent in Japanese, has been helping McKimm explain the legal process to Bito.

“There’s a lot of stress and we’re trying to reassure her there’s a process to follow and we’re doing our best to assist her,” said Mackie. “It’s difficult for her to adjust from being in class to being in custody.”

The fact that Mackie can talk to her in her own language has made her feel a little more at ease.

Saanich and Victoria police have also done everything they can to put her at ease under the circumstances, he said.

The greatest challenge in the case will be the differences between Japanese culture and our culture, now they’ve come in conflict with the criminal law, said McKimm.

In general, shame plays a bigger role in Japanese culture than Canadian culture, explained Mackie.

“The sense of responsibility Japanese people feel is also much greater than Canadians would feel. Their responsibility is not just to themselves but to their family, their neighbourhood, their community and their country.”


告訴されていた日本人学生がサーニッチにある家で
幼児の死体が発見された事で保釈されました。

ビクトリアB.C.(ブリティッシュコロンビアの州都)で
子供の誕生を隠し、出産支援を受けなかった事で告発されていた
20歳の留学生は、1万ドルの保釈金で釈放されました。

尾藤成美(仮)さん(ビクトリア大学の6ヶ月のESLプログラムに登録されている日本人女性)は
今日の午後、彼女のパスポートを渡す事、このB.C.の田舎から出ない事、
そして政府の担当者に常に報告する事等を条件に保釈されました。

尾藤さんは8月、ビクトリアに到着し
サーニッチ通りにあるホームステイ先の家族の所に入居しました。

警察は月曜日、通報を受けてポリ袋の中で死んでいる幼児を発見しました。
最初の検死では幼児の明確な死因は見つかりませんでした。
この生まれたばかりの幼児の死にはより詳しい検査が必要です。
正確な死因は警察の捜査結果の数週間から数カ月前にある可能性があるからです。

尾藤さんの両親は彼女の力になる為にビクトリアへ向かっています。
彼女の弁護士であるメイランドマッキン氏はビクトリアの地方裁判所の外でこう話しました。
「大学は暫くの間、尾藤さんへの新しい家と生活の保証を用意してくれています。」

「ビクトリア大学はこの最も不幸な状況にある市民の
突破口を見つける事で、ヨーマン(独立した農夫)の義務を果たしました。
今回の事件で彼らは尾藤さんに敬意を表しました。
彼らは国際的な教育課程を誇っており、尾藤さんの安全を保証する事で保護者としての役目を果たし、
また、彼女の疑いを取り払い路頭に迷わないにする為にも大きな努力をしました。」

尾藤さんの次の出廷は12月6日に予定されています。

「私達は膨大な量の法廷に関する仕事と調査をしなけならずまた、
何が起こり、どのような結果になるか把握する為、次の出廷を12月まで延期しました。
しかしそれらが分かったなら裁判かまたは、その他の方法で応じるでしょう。」
マッキン氏は話しました。

彼女の逮捕後、警察は治療を受けさせる為病院に連れて行きました。
彼女は盛んに手を振っていたので健康そうに見えたとマッキン氏は言いました。
彼女は身の潔白を証明し学校に戻って教育課程の続きを受け、最後に家に帰りたいと思っています。

しかしながら、追加告訴の可能性が彼女を幾らか不安にさせています。

「それは問題です。私達はそれについて何も知りませんし、
法廷は提出されるであろう告訴状について、明確には教えてくれませんでした。」
マッキン氏は話しました。

マッキン氏はまだ何が起こったのか尾藤さんに尋ねておらず、
公開された警察からの情報も容認していません。

クリストファーマッキー氏(日本語が流暢な)は
マッキン氏が尾藤さんに法律上の過程を伝えるのに手を貸してくれています。

「多くの圧力はありますが、
彼女を安心させこの件に対して最善を尽くします。
彼女が収監された状況に慣れるのは難しい事です。」
とマッキー氏は話しました。

マッキー氏が日本語で話してくれる事が彼女の気を少し楽にしました。

また彼は、サーニッチとビクトリア警察がこの状況から
彼女を楽にするよう、出来る限りの事をしてくれたとも話しました。

今回の場合における最大の問題は日本の文化と私達の文化の違いになるでしょう。
それらは今、刑法の中で戦いに突入しています。

マッキー氏は一般的に日本の文化は
恥の概念がカナダの文化より大きな役割を果たしていると話しました。

「また、日本の人々の持つ責任感もカナダ人のものよりも遥かに大きいです。
その責任感は自分達だけでなく、彼らの家族、住んでいる地域、共同体、そして国にまで及びます。」

秋月便り←こちらに登録


テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

静かに力を獲得する中国

China's quiet power grab

In April, the Chinese navy abruptly deployed 10 warships near the Japanese coast and sent helicopters to buzz Japanese ships. In July, the Chinese foreign minister angrily asserted his country's claim to international waters in the South China Sea, along with some islands claimed by others. Last week, a Chinese fishing trawler smashed into two Japanese Coast Guard boats, possibly on purpose, leading to a Japanese arrest and a furious reaction from Beijing.

Throw in a few rhetorical outbursts -- the Chinese U.N. official who ranted a couple of weeks ago about not liking Americans -- and certainly it does seem as if Chinese military, territorial and diplomatic aggression is rising. It is an extraordinary development, largely because, from China's point of view, it doesn't make sense. Why on earth should China shout, bully and push its neighbors around? Over the past decade, China has kept silent, lain low and behaved more like a multinational company than a global superpower -- and garnered enormous political influence as a result.

The fruits of this success are everywhere. Look at Afghanistan, for example, where American troops have been fighting for nearly a decade, where billions of dollars of American aid money has been spent -- and where a Chinese company has won the rights to exploit one of the world's largest copper deposits. Though American troops don't protect the miners directly, Afghan troops, trained and armed by Americans, do. And though the mine is still in its early phases, the Chinese businessmen and engineers -- wearing civilian clothes, offering jobs -- are already more popular with the locals than the U.S. troops, who carry guns and talk security. The Chinese paid a high price for their copper mining rights and took a huge risk. But if it pays off, our war against the Taliban might someday be remembered as the war that paved the way for Chinese domination of Afghanistan.

America fights, in other words, while China does business, and not only in Afghanistan. In Iraq, where American troops brought down a dictator and are still fighting an insurgency, Chinese oil companies have acquired bigger stakes in the oil business than their American counterparts. In Pakistan, where billions in American military aid helps the government keep the Taliban at bay, China has set up a free-trade area and is investing heavily in energy and ports.

China has found it lucrative to stay out of other kinds of conflicts as well. Along with Western Europeans, Americans are pouring vast amounts of public and private money into solar energy and wind power, hoping to wean themselves off fossil fuels and prevent climate change. China, by contrast, builds a new coal-fired plant every 10 days or so. While thus producing ever more greenhouse gases in the East, China makes clever use of those government subsidies in the West: Three Chinese companies now rank among the top 10 producers of wind turbines in the world.

Quietly, the Chinese have also cornered the market in rare-earth metals, unusual minerals that have lovely names (promethium, ytterbium) and are vital for the production of cellphones, lasers and computers -- not to mention hybrid cars, solar panels and wind turbines. Though China doesn't control the world's reserves of these elements, some of which aren't all that rare, mining them is dirty, labor-intensive and ideally suited for cheap production in a country with low wages and lower environmental standards. Nobody else can compete, which is why China now controls 99 percent of the world's supply of some of these elements.

Of course if they are so inclined, their monopoly could be used to raise the prices of solar panels and cellphones. They could do even more damage if they wished. Last week, it was reported that China had stopped shipping rare-earth metals to Japan in retaliation for the Japanese arrest of that Chinese fisherman. The glitch in supplies now appears to have been connected to a Chinese holiday -- or that's what the Chinese are saying -- but markets and pundits sounded belated alarm bells nevertheless.

Which brings me back to my original point: Why on earth are the Chinese playing military games with Japan, threatening Southeast Asia or entering politics at all? When they stay silent, we ignore them. When they threaten boycotts or use nationalist language, we get scared and react. We still haven't realized that the scariest thing about China is not the size of its navy or the arrogance of its diplomats. The scariest thing is the power China has already accumulated without ever deploying its military or its diplomats at all.


4月に中国海軍は突然日本の海岸近くに10隻の軍艦を配置し
日本の船を煽る為にヘリコプターを飛ばしてきました。
これについて7月、中国の外務大臣は
南シナ海の、日本が領有権を主張している島々に沿った
公海上での事なので問題は無いと主張しました。
先週、中国籍漁船が日本の巡視船2隻に衝突した事件がありましたが、
あるいは北京がわざと日本の逮捕と怒りを引き出す為にやらせたのかもしれません。

この幾つかの大げさな衝突
(数週間前中国当局は国連でアメリカが嫌がるような発言をしました。)
で明らかに中国は領土、外交に対する攻撃性が高まっているように見えます。
中国側の視点ではその事に気が付けないでしょう。
何故中国は周辺の国々に威張り散らすのでしょうか。
過去10年以上、中国は世界的な超大国というよりは多国籍企業のように静かに、
行儀よく振る舞っていました。そしてその結果として巨大な政治的影響力を獲得しました。

その成果はいたる所にあります。例としてアフガニスタン
(10年近くアメリカ軍が戦闘を続けており、また莫大な支援金を投入している)
を見て下さい。そこで中国の企業は世界で最も大きい銅鉱山の一つを開拓する権利を獲得しました。
アメリカ軍は、彼らが訓練と武装を与えているアフガン軍の人達とは違い、
炭坑夫を直接守ってはくれなかったからでしょう。
そして、鉱山は早い段階で平和になっていると思います。
既に中国のビジネスマンと技術者(一般人の服を着て仕事を提供してくれる)
は銃を持ち運びながら安全の話をするアメリカ兵より地元住民に人気があります。
中国は、大きな危険を孕んだ銅の発掘に高い代償を払いました。
しかしこれが上手くいくなら、いつの日かタリバンと私達の戦争は
中国のアフガニスタンへの優位性を確立したものとして記憶されるかもしれません。

アメリカが戦っていると言い換えるならば、その一方で中国は商売をしています。
しかしそれはアフガニスタンだけではありません。
イラク(アメリカ軍が独裁者を打ち倒し、ゲリラとも戦っている)で、
中国の石油企業はアメリカのそれよりも大きな報酬を受け取っています。
パキスタン(アメリカからの莫大な軍事援助によってタリバンから政府を守っている)
では中国は自由貿易地域を設立し、エネルギーと港に大量に投資しています。

また中国は他の国の争い事には関わらないのが得策だと分かっていました。
ヨーロッパ人と共に、アメリカ人は国家的に個人的にも
化石燃料から抜け出し気候変動を防ぐため、
多額の資金を太陽光と風力発電に注ぎ込んでいますが、
中国は対照的に10日あたり1つの石炭火力発電所を建設しています。
そのため今まで以上に温室効果ガスが東洋で発生しています。
そんな中で、中国は自国の補助金を西洋で上手に使っています。
中国の3つの企業は風力タービンの生産者として世界ランクのトップ10に入っています。

また、静かに中国人はレアアース、レアメタルの中でも
特に珍しいプロメチウム、イッテルビウムを市場で独占しました。
これらはハイブリットカーやソーラーパネル、風力タービンは勿論の事、
携帯電話やレーザー、コンピューターを作るのにも非常に重要な物です。
中国は世界に蓄えられているレアメタルを管理している訳でも無いのに採掘するのは汚いです。
そして上記の努力と安い賃金、下落する国際的価格水準によって安価な商品を揃えています。
中国は今世界中のこれらの元素を99%管理しているため誰も競争に参加出来ません。

勿論彼らがその気になれば、独占したそれらを使って
ソーラーパネルと携帯電話の価格を引き上げる事が出来ましたし、
彼らが願うなら損害はより大きくも出来たでしょう。
先週中国が日本による中国人漁師逮捕の報復に
レアアースの日本への出荷をストップしたとの報道がありましたが、
中国はそれらの供給の不調を自国の休日と結びつけた発言をしました。(報復ではない
しかしそれでも、市場と専門家は中国に警告を発しました。

どちらが私の論じたかった事だったでしょうか。
何故中国は日本と軍事ゲームをしているのですか?
東南アジアを脅迫をしたり陥れようとするのですか?
中国のそれらの問題が静まっているなら我々は無視しますが、
ボイコットを起こしたり、国家主義的な言葉を使いだすと脅威を感じます。
私達はまだ中国の恐ろしさは海軍の規模でも、
外交官の傲慢な態度でもないという事を理解していません。
それは配備された軍隊も外交官も抜きにして、既に十分に蓄えられた権力です。

秋月便り←こちらに登録

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

保守派の反撃

Conservative Counterattack

Tokyo -- The Kan administration's artless management of the Senkaku Islands dispute these past couple weeks, capped by the release of the Chinese trawler captain under clouded circumstances, has resulted in a cascade of criticism aimed at the Japanese government from the hard right, the opposition parties, and even members of the ruling party itself.

At the heart of the controversy is the question of how and why the Naha District Public Prosecutors Office decided to let the Chinese captain go. The local officials cited the importance of "Japan-China relations" as the main motive for the release, but, as most people immediately understand, Japan's national diplomatic affairs are not the responsibility of local prosecutors.

The government has denied any "political interference" in the Naha prosecutors' move, but many observers are openly skeptical of these denials.

The leaders of the main opposition LDP were on the streets near Tokyo's Yurakucho Station this evening, pounding the DPJ government on precisely this point. On hand were such figures as Sadakazu Tanigaki, Shigeru Ishiba, Yuriko Koike, Nobuteru Ishihara, Yoshimasa Hayashi, and Satsuki Katayama.

They made fierce criticisms, asking whether Japanese diplomacy is in the hands of the national leaders or local prosecutors. They castigated the Kan regime for its mismanagement of the crisis and the weakness it demonstrated in the face of Chinese intimidation.

Ishiba stated that he wasn't asking for the LDP to be put back into power, but rather whether or not the national interests could really be defended by the incumbent government. For the sake of Japan, he argued, a strong, capable, and experienced crew needed to be at the helm of the state.

The other LDP leaders made similar arguments.

The conservative Yomiuri Shinbun alleges that Chief Cabinet Secretary Yoshito Sengoku and Foreign Minister Seiji Maehara personally leaned on the prosecutors in an extralegal fashion at the direct behest of Prime Minister Naoto Kan.

Also, there have been two arrests of rightwing protestors so far. On the morning of the 25th, a man carried a large kitchen knife near the Kantei while proclaiming his disagreement with the government's handling of the Senkaku affair. Another man was arrested for throwing a smoke bomb at the Chinese consulate in Nagasaki.

On the other hand, even some members of the ruling party are not pleased.

The Yomiuri Shinbun quotes an anonymous "senior" DPJ politician as groaning, "Neither Kan nor Sengoku knows anything about diplomacy. They just released the skipper in a flutter after being intimidated by China... China will probably continue making unreasonable demands on Japan, causing other Asian countries to be discouraged by this country's lack of mettle."

The stronger tone taken by Tokyo since yesterday, bluntly rejecting China's demand for an apology and compensation, as well as reasserting Japan's initial hard line, needs to be seen within the context of the how the release of the Chinese trawler captain is being perceived, as well as the conservative reaction now in force.

東京--ここ数週間、管政権の尖閣諸島をめぐる問題で
中国籍漁船船長を釈放するという下手な対応によって
野党だけでなく与党のメンバーからさえも滝のように非難を浴びています。

この論議の争点はなぜ、どのようにして
那覇地検が中国の船長の釈放を決定したのかという事です。
地元の検察官は釈放の主な動機として「日中関係」の重要性を挙げましたが、
殆どの人がすぐに分かるように日本の外交ついて地元の検察官達に責任はありません。

政府は那覇地検に対するあらゆる「政治的干渉」を
否定しましたが多くの観察者達は疑念を露にしています。

今晩、民主党のこの大きな失敗を突く為に主な与党である
自民党のリーダー層が有楽町駅の近くの通りに集まりました。
出席したのは谷垣禎一、石破茂、小池百合子、石原伸晃、林芳正、および片山さつきです。

彼らは日本の外交は民主党か、
それとも地元の検察官かと厳しく批判しました。
また、管政権のこの重大な局面への不始末と
中国の脅迫に対する軟弱な対応(の説明)についても強く非難しました。

石破氏は今の政府が本当に国益を守る事が出来るかどうかに関わらず、
政権を自民党に返すように求めてはいないようです。
日本の為に強健で有能で経験豊富な人材を指導者にする必要があると彼は主張しました。

他の自民党のリーダー達も同様の議論をしました。

保守的な読売新聞は内閣官房長官の仙谷由人
と外務大臣の前原誠司が菅直人首相の直接命令で
超法規的措置として検察をあてにしたと主張しています。

また、今までのところ二人の右翼を自称する人物が逮捕されました。
その男は25日の朝、尖閣諸島をめぐる問題に対する政府の宣言が
彼の考えと一致しなかった為、官邸の近くに大きな包丁持ち込みました。
もう一人の男は長崎の中国領事館に発煙筒を投げ込んで逮捕されました。

他方で、与党のメンバーでさえ、何人かは喜んでいません。

読売新聞は匿名の古参の民主党議員の
「管も仙谷も外交に関して何も知らない。」という罵りを引用しています。
彼らは中国の脅しに動揺して船長を釈放してしまった。
中国はこれからも恐らく無理難題を押し付けてくるでしょう。
また、他のアジアの国々も日本の勇気のなさに落胆しています。

昨日中国の謝罪と賠償の要求を無遠慮に断った
あの強気の態度と強硬路線で交渉しなおすべきだと思います。
また中国籍漁船の船長が釈放された事で保守反動が強まっている事にも気付くべきです。

秋月便り←こちらに登録


テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

中国との緊迫した駆け引き(下)

China-Japan trade war looms

“The Diaoyu Islands are sacred Chinese territory and if Japan clings obstinately to its mistake, China will take further actions. The Japanese side shall bear all the consequences that arise,” Mr. Wen said on his arrival in New York, using the Chinese name for the disputed atoll, which Japan calls Senkaku. The islands are also claimed by Taiwan.

The Japanese government, which last week returned the ship and the rest of the 14-member crew to China, has thus far refused to release Mr. Zhan, insisting it has the right to try him under domestic laws for “obstructing officers on duty.” A Japanese court recently extended his pretrial detention until Sept. 29.

Anti-Japanese sentiment is already high in China, resulting in small, closely supervised street demonstrations in Beijing and other cities. Now, Japanese public opinion also seems to be hardening about the case.

“Due to the nature of the incident, it makes perfect sense for Japan, a country of laws, to stick to its guns in calmly dealing with the issue in accordance with domestic law,” the Asahi Shimbun newspaper wrote in an editorial published Thursday.

In the eyes of many observers, the quarrel is less about the fate of Mr. Zhan than it is an effort by China to assert itself as the new power in East Asia by forcing declining Japan to back down in a very public spat.

“If [the Japanese] don’t back down, I have no idea what [China’s leadership] is going to do. I think it’s a really dangerous situation,” said Gordon Chang, a U.S.-based critic of the Chinese government. He said the standoff is more dangerous because China’s military has gained substantial new influence in Beijing under President Hu Jintao.

On Thursday, U.S. Secretary of State Hillary Clinton waded into the dispute, urging the two sides to resolve the dispute through dialogue. The United States is a close military and political ally of Japan.

The islands at the centre of the current argument were awarded to Japan by the United States following the Second World War. The dispute over their ownership became far more heated following a 1969 geological survey that indicated that the waters around the islands could be home to as much as seven trillion cubic feet of natural gas and upward of 100 billion barrels of oil.

「釣魚島は神聖な中国の領土であり、
日本が誤りに固執するなら中国は更なる行動をとります。
それによって日本側は問題を負う事になるでしょう。」
温家宝はニューヨークに到着するなり論議されている環礁
(日本名尖閣諸島)に中国名を使ってそう言いました。
この諸島は台湾も領有権を主張しています。

日本政府(先週船と14人の乗組員を送り返した)は
公務の妨害に対して、国内法で裁くのは当然だとして
Zhan氏の釈放を拒んでいます。(不起訴になってはいない)
日本の裁判所は最近、彼の勾留までの期間を9月29日に延長しました。

中国では既に反日感情が高まっており、
その結果北京やその他の都市で強く結束された街頭デモが発生しています。
日本の世論は今回の事件について緊張しているように思えます。

「この事件に対して、中国との平和的な交際を粘り強く続けるのに
(自国の法律に基づいた)完璧な対応です。」
と木曜日に発行された朝日新聞の社説に書かれていました。

多くの観察者は、Zhan氏の処遇をめぐる口論は
中国の日本を国家的に重要な地域から手を引かせる為の
努力に比べれば些細な事だと見ています。

「もしも日本人が譲歩しないのならば、
中国のリーダー層は何をするか分からない、私は非常に危険な状況だと思っている。」
と中国政府のアメリカを拠点とする評論家、ゴードン・チャン氏は話しました。
彼の話では、中国軍は胡錦濤国家主席の支配下にある北京で実質的な権力を獲得したため
日本は孤立していると大変危険であるとの事です。

木曜日にアメリカの国務長官ヒラリー・クリントンは、
この争いを激しく批判し、双方とも対話この問題を終わらせるよう促しました。
アメリカは日本に近い、軍事上、政治上の同盟国です。

今回の論争の中心となった諸島は、
第二次世界大戦後にアメリカから日本に与えられた物です。
この諸島の所有権をめぐる論争は、
その周りの水域に眠る7兆フィートに相当する天然ガスと
1000億バレル以上の石油(1969年の地質調査結果)によって今後ますます加熱していくでしょう。

秋月便り←こちらに登録

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

中国との緊迫した駆け引き(上)

China-Japan trade war looms

Mark MacKinnon

A simmering dispute between China and Japan – until now a war only of words and gestures – is threatening to take on serious economic consequences as rumours spread about a Chinese ban on exports of a key resource to Japan.

The Asian giants – ancient rivals as well as the world’s second- and third-largest economies – have been butting heads since a Sept. 7 incident when Japan detained the captain of a Chinese fishing trawler after his ship collided with two Japanese coast guard vessels near a chain of disputed islands between Okinawa and Taiwan. Infuriated, China has since escalated its diplomatic response on a near-daily basis, demanding that the captain be immediately returned and that he not face charges in a Japanese court.

Concern rippled through markets Thursday after The New York Times reported that China had slapped a ban on the export to Japan of rare earth minerals – elements crucial to the production of everything from solar panels and guided missiles to iPhones and Toyota’s hybrid Prius automobile.

The Chinese government later denied the report, but an executive at one Japanese company that produces high-tech factory equipment told The Globe and Mail that Toyota Inc., one of its main customers, had contacted his firm several days ago out of concern that supplies of rare earth minerals from China were being restricted.

In fact, China, which controls some 95 per cent of the world’s supply of these minerals, had begun to restrict its exports to all countries as far back as July, after nearing an annual quota. But the panic over what China might do to retaliate against its neighbour – following a suggestion in a newspaper affiliated with the ruling Communist Party that China should seek and strike “the Achilles heel of Japan” – illustrated just how high the stakes are in this seemingly trivial dispute over an uninhabited atoll.

Beijing has already started trying to inflict economic pain on its neighbour, advising state-run tourist agencies not to advertise Japan as a destination. However, broader bilateral trade – worth a whopping $147-billion (U.S.) through the first six months of this year – has otherwise not been affected so far.

China has severed high-level contacts between the two governments and refused a Japanese suggestion that Chinese Premier Wen Jiabao and Japanese Prime Minister Naoto Kan meet in New York on the sidelines of the United Nations General Assembly to resolve the quarrel, insisting that the fishing captain, 41-year-old Zhan Qixiong, first be released.

これまでは思わせぶりな言葉やそぶりだけでしたが、
今の中国と日本の間には一触即発の抗争が展開されています。
また、主要な資源の日本への輸出の禁止令が重大な経済的結果を招くとの噂も広がっています。

沖縄の台湾の間の、論争の元となっている諸島の近くで
海保巡視船に中国籍漁船が衝突し、その船長が日本に拘留された9月7日以来、
昔から張り合っていたアジアの第2位と3位の経済大国が今激しく対立しています。
怒った中国は船長を直ちに帰国させろ、
起訴を取り下げろと日に日に外交的要求をエスカレートさせています。

木曜日に中国が日本に対して全ての太陽光パネル、
誘導ミサイルから、iPhone、トヨタのハイブリットカーに至るま
で重要な要素となるレアアースの輸出を制限したとの
ニューヨークタイムズ上の報道で市場中に大きな波紋が広がりました。

後に中国政府はこの報道を否定しました。
ある日本の、ハイテク工場の備品を製造している企業の役員も
彼の会社の主要な取引先の一つであるトヨタから、
「中国がレアアースの輸出を制限しつつあるというのは考え過ぎ」と伝えられた
とグローブアンドメールの記事で発言しています。

事実上、世界のレアアースの95%以上を管理している中国は、
7月までに例年の輸出規定量に近づいた全ての国に対して制限を課しました。
中国は日本への報復に慌てふためいています。
中国共産党系列の新聞には以下の提案が書かれていました。
「中国は日本の弱みを探し出して突くべきである」
また、この一見、無人の島々をめぐるつまらない争いに見えるこの事件を
如何に価値のある事柄であるのか挿し絵で示してもいました。

北京は中国観光局に日本を目的地にする広告出さないよう勧めさせる事で
既に日本に経済的苦痛を与え始めています。
しかしながら今年初めから6ヶ月までの
1470億ドルにも及ぶ非常に価値の大きい、
二国間の貿易には今のところ殆ど影響がありません。

中国は二国間の接触に厳しい姿勢をとっており、
中国の首相温家宝と日本の首相管直人が直に会う国連総会のおりに、
この件について決議しようという日本側の提案を、
まず船長のZhan Qixiong氏(41)を釈放するのが先だと主張し拒否しました。

秋月便り←こちらに登録

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

中国人船長釈放

Japan to free Chinese captain

Japan to free Chinese captain amid rising tensions
中国との緊張状態の最中に船長を解放する日本

Japanese authorities have said they would free the detained captain of a Chinese fishing vessel, who has been at the centre of a major diplomatic spat between the two countries, Japanese media reported on Friday.

Japan's Kyodo news service reported on Friday that prosecutors on Ishigaki island, where Chinese ship captain Zhan Qixiong has been detained since September 8, had announced they would release him “in consideration of the Japan-China relationship”.

Japanese authorities had accused Mr. Zhan of ramming his fishing trawler against two Japanese patrol vessels near disputed territory between the neighbours in the East China Sea, known as the Diaoyu Islands in China or the Senkaku islands in Japan.

Prosecutors had earlier set a September 29 deadline for charging Mr. Zhan. However, tensions between the two countries have spiked in recent days over the row, with Chinese leaders threatening retaliatory measures and demanding the unconditional release of the captain.

The announcement of his release comes a day after China detained four Japanese nationals, accusing them of entering a military zone without authorisation and videotaping military facilities in northern Hebei province. “Currently, the case is being investigated,” said security authorities in Hebei's capital Shijiazhuang, in a statement issued to the official Xinhua news agency.

News reports on Thursday also said Chinese customs officials had halted exports to Japan of rare earth minerals, which are crucial to several high-tech industries from electronic equipment to missile technology. China accounts for 97 per cent of global production of rare earths, and Japan is a major destination for Chinese exports.

Chinese officials have, however, denied any ban was in place. A ban on exports would violate World Trade Organisation (WTO) rules.

Japanese politicians this week voiced concerns on the economic impact of the souring diplomatic ties between the two countries. “A cooling of relations between Japan and China over the Senkaku problem would be bad for Japan's economy, but it would also be a minus for China,” said Finance Minister Yoshihiko Noda. “It is desirable that both sides respond in a calm manner.”

日本当局は二国間の外交的論争の中心にいる
中国漁船の船長を解放すると日本のメディアは金曜日に報じました。

日本共同通信社は、金曜日に石垣島の検察官が、
9月8日以来中国の船長Zhan Qixiongを拘留していた件について
「日本-中国の関係を考慮した」として彼を釈放するとの発表を報じました。

zhan氏のトロール船が東シナ海上の領海の
中国名で釣魚島、日本名で尖閣諸島と呼ばれる島の近くで
二隻の巡視船の警告に従わず接触してきた件について日本当局は彼を起訴しました。

検察官はzhen氏の起訴を9月29日に設定しました。
しかしながらここ数日、二国間の緊張は中国首脳達の報復的措置や
拘留されている船長の無条件開放の要求とともに高まり続けました。

中国が河北省の軍の管理区域内に無許可で侵入し、
軍事施設を録画していた4人の日本人を拘留した翌日に彼の解放の発表がされました。
「現在この事件は調査されています。」と
河北の首都、石家荘の安全当局は国営新華社通信の記事で発表しました。

また、木曜日の報道には、中国人の税関吏が
電子機器やミサイル技術などの高度技術産業に重要な
レアアースの日本への輸出を禁止したと書かれていました。
世界のレアアースの97%が中国で産出されており、日本はその主要な輸出先です。

しかし中国の高官は禁輸に対する報道内容を否定しています。
今回の禁輸は世界貿易機関(WTO)の規則に違反するでしょう。

日本の政治家は今週、
厳しくなる二国間の国交の経済的な影響への懸念を口にしました。
「尖閣諸島のをめぐる中国との関係の悪化は、
日本経済に悪い影響を与えるかもしれませんが、それは中国にとっても同じでしょう。」
また、財務大臣の野田佳彦氏は
「お互い穏やかな方法で応じるのが望ましいです。」語りました。

秋月便り←こちらに登録

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

ヒラリーのスピーチ(上)

Clinton declares 'new American moment' in foreign policy speech

Secretary of State Hillary Rodham Clinton declared Wednesday that "a new American moment" has arrived in international relations, "a moment when our global leadership is essential, even if we must often lead in new ways."

In a lengthy speech at the Council on Foreign Relations in which she defended the Obama administration's foreign policy approach, Clinton said that "this is a moment that must be seized - through hard work and bold decisions - to lay the foundations for lasting American leadership for decades to come."

Critics have said that the administration's diplomacy has yielded little on such difficult issues as Israeli-Palestinian peace and Iran's pursuit of nuclear weapons, but Clinton argued the opposite, saying that substantial progress has been made on those fronts through "classic shoe-leather diplomacy." She urged patience, saying that the fruits of the administration's labors will not be apparent for some time.

Answering questions from the audience after her speech, Clinton took a shot at the Iranian government. "I don't think there's any doubt that Iran is morphing into a military dictatorship with a, you know, sort of religious ideological veneer," she said. "And I don't think that's what the Iranian revolution for a republic of Iran, an Islamic republic of Iran, was ever meant to become."

But she said that the United States is trying to strike a balance - being publicly supportive of efforts in Iran to promote democracy without doing anything to "either endanger or undermine those very same people."

The speech in many ways marks Clinton's emergence as a foreign policy leader at a time when President Obama is consumed with the lagging domestic economy and November's midterm elections. Clinton will travel to the Middle East next week to foster direct talks between Israelis and Palestinians, and in Wednesday's speech she spoke confidently about the administration's agenda and the United States' role in the world.



On the upcoming negotiations between the Israelis and Palestinians, Clinton said she senses a "certain momentum" because "both sides and both leaders recognize that there may not ever be another chance." She said that Israel has "threats it faces demographically, technologically, ideologically," so "the idea of striking a peace deal with a secular Palestinian Authority that is committed to its own people's economic future makes a lot of sense if it can be worked out." She added that Palestinian Authority President Mahmoud Abbas considers a deal "the culmination of a life commitment."

Clinton's speech offered few specifics about new policy initiatives. But after more than 18 months on the job, she appears to have gained a renewed appreciation for the role the United States plays in the world.

国務長官のヒラリー・ロダム・クリントンは水曜日に
「(新しいアメリカの瞬間)が国際関係の中で到来し、
私達が新しい方法で他国を導かなければならないとき
国際的なリーダーシップが必要不可欠です」と宣言しました。

外交問題評議会での長いスピーチの中で
彼女はオバマ政権の外交政策の取り組み方を擁護しました。
クリントンは言いました。
「今は来るべき数十年に及ぶアメリカによるリーダーシップを
持続させる基礎を築く為に、熱心な作業(準備)と大胆な決断をすべき時です。」

評論家は政府の外交がイスラエル人-パレスチナ人間との
(非常に難しい問題に関する)平和とイランの核兵器問題に対して
少ししか成果を上げられていないと言いましたが、
クリントンはそれは正反対で、問題の具体的進展は
「古典的な外交手法」によって為されており、
政府の仕事の成果が明らかになるには少し時間がかかると主張しました。

スピーチの後の聴衆からの質問に答えると
クリントンはイラン政府を批判しました。(狙い撃ちに)
「私はイランが見せかけの宗教上の思想の違いで、
軍事的独裁国家になっているとは思いません。
また、イラン、イスラム共和国に変革が訪れたとも思っていません。」

しかし彼女はこうも言いました。
「アメリカは公的な支援によって"例の人達(権力者)"
を身の危険に晒す事も、名誉を傷つける事もせず
イランに民主主義を上手く浸透させる為の努力しています。」

このスピーチはオバマが国内経済の停滞と
11月の中間選挙によって疲弊した時クリントンが
外交政策においてのリーダーになるだろう事を色々な点で印象づけました。
クリントンは、水曜日に話した行政の予定とアメリカの世界における役割を
イスラエル人とパレスチナ人との間にたって直接伝える為に来週中東に出発するでしょう。

イスラエル人、パレスチナ人間の交渉が近づいていますがクリントンは
「今まで両陣営の両首脳はお互いを認める機会が無かったから今回は上手くいくような気がします。」
「イスラエルは人口、思想、科学技術の面で問題に直面しています。
ですから宗教上の問題を抜きにしてパレスチナ人の権力者達は
自国民の将来の経済に協力してもらい、それが上手くいったら
イスラエルに問題解決の案を提供すれば良いのです。」
と話しました。
彼女は、マフムード・アッバスパレスチナ自治政府大統領との
対談が「非常に重要なもの」であると考えていると言い足しました。

クリントンのスピーチは新しい政策の主導に関しては
僅かな情報しか提供しませんでした。しかし18ヶ月以上に及ぶ仕事の結果、
彼女は世界におけるアメリカの立場の回復に成功したように見えます。

クリントン長官、アッバス議長と会談

秋月便り←こちらに登録

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

東京についての心配事

Tokyo's Relationship Anxiety
Japan's security alliance with the United States is worth preserving.

Prime Minister Naoto Kan has survived the challenge of Democratic Party of Japan founder Ichiro Ozawa for the premiership, and now the real work begins. The party must focus on repairing its image with voters, crafting a clear policy agenda for returning Japan to economic health, and strengthening relations with the United States. The last of these may be the most elusive goal for Mr. Kan, given how little of his own views of Japan's most important foreign relationship he has shared since taking power.

There is an ambivalence at the heart of the DPJ toward the U.S. It can ...

日米の安全保障同盟は保持する価値があります。

現首相、菅直人は民主党創設者である小沢一郎の挑戦から
現首相の地位を守りきりました。
そしてここから本当の仕事が始まります。
民主党はまず、有権者とともにイメージの回復に努め、
日本の経済を健全な物とする為の政策の予定を明確にし、
そしてアメリカとの結びつきを強化するべきです。
これらは達成の難しい物で菅氏は最後まで遅れるでしょう。
菅氏は与えられている強い権力により日本にとって
最も重要な外交上の結びつきを彼自身の観点から少しだけ得ています。

この民主党を中心とした不安定さはアメリカにも影響を与えるかもしれません。

秋月便り←こちらに登録

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

盗聴疑惑アンディコールソン(下)

Phone hacking: Andy Coulson offers to talk to police

Bill Keller, the executive editor of the New York Times, said: "Scotland Yard has declined our repeated requests for interviews and refused to release information we requested months ago under the British freedom of information law. After our story was published, Scotland Yard expressed renewed interest in the case and asked us to provide interview materials and notes; we declined, as we would with any such request from police. Our story speaks for itself and makes clear that the police already have evidence that they have chosen not to pursue."

A number of people whose names appeared on a list of public figures belonging to Glenn Mulcaire, the private investigator jailed for stealing secrets from mobile phone voice messages, have been urging the police to reopen the investigation. They include John Prescott, the former deputy prime minister, who has accused police of failing to carry out a proper investigation and is threatening to bring a judicial review against the Met. He is demanding that police tell him whether his phone was hacked by News of the World journalists and has asked for copies of documents obtained by detectives during their investigation.

Yates said he had told Prescott last July, when there was a review of the initial police investigation, that his phone had not been hacked. "The fact that his name is on a private investigator's invoice does not mean his phone has been hacked," said Yates. "I believe there is no evidence that his phone has been hacked."

He added: "We can't just supply willy nilly to people material we have gathered during a criminal investigation for another purpose."

The New York Times investigation featured allegations by Hoare that hacking was widespread at the tabloid and that the then-editor Coulson knew about the practice.

Defending the Met's failure to interview Hoare, Yates said: "He just did not appear in the inquiry. He has come from nowhere. We are surprised of that, that the New York Times didn't avail us of that fact [his evidence] earlier."

Yates dismissed the idea, also carried in the New York Times report, that detectives had not conducted a thorough investigation because of the close police relationship with the News of the World. "To suggest it's improper [the relationship], you'd have to produce some evidence of that," he said.

He said the convictions of Mulcaire and the News of the World's royal editor, Clive Goodman, for phone hacking had "sent an extremely strong deterrent message to people who might get involved in this in future".

The News of the World accused the New York Times today of being motivated by "commercial rivalry".

A spokesperson for the tabloid said in a statement: "The News of the World repeatedly asked the New York Times to provide evidence to support their allegations and they were unable to do so. Indeed, the story they published contained no new credible evidence and relied heavily on anonymous sources, contrary to the paper's own editorial guidelines.

"In so doing they have undermined their own reputation and confirmed our suspicion their story was motivated by commercial rivalry. We reject absolutely any suggestion there was a widespread culture of wrongdoing at the News of the World."

The prospect of a further investigation by the standards and privileges committee emerged after MPs argued that a precedent may have been set by the decision to mount a privileges committee inquiry into the arrest of the Tory MP Damian Green in his Commons office in 2008 over the alleged leaking of documents from the office of the home secretary.

It would be for the Speaker to decide whether to grant an inquiry, but Labour MPs claimed there now appeared to have been a wholesale attempt to break into MPs' phone messages, and the response of the Met had been shown to be inadequate.

ビル・ケラー(ニューヨーク・タイムズの編集長の重役)はこう言いました。
「ロンドン警視庁は、一月前、私達の
イギリスの法の自由の下で再三要求したインタビューも情報の公開も断りました。
この話を記事にした後、ロンドン警視庁は新しいこの事件に関する情報を提供し、
私達が求めていた重要な取材にも応えるようになりましたが、
警察の方からどのような要求があっても我々は拒否します。
我々の記事は公正な物とする事を彼らも既に理解しています。」

携帯電話の音声から機密を盗み出していたグレンマルカイアの
所有物から多くの政府の役人の名前が出てきた事で、警察の調査を再開させています。

彼らの中には警察を
適切な捜査を行っていなかったと起訴し、
ロンドン警視庁に対して違憲立法審査権を行使すると脅していた
ジョン・プレスコット元副総理も含まれていました。
彼は警察に、自分の電話はニュースオブザワールドの記者に盗聴されていないかどうか、
刑事達が捜査で得た資料のコピーなど、多くを求めました。

イェイツはプレスコットに去年の7月、
初期の刑事捜査の報告をした時に彼の電話は盗聴されていないと伝えたと話しました。

彼はこう付け加えました。
「私達は否応無しに事件捜査の資料を別の目的で他人に渡したりはしません。」

ニューヨークタイムズは、盗聴は広い範囲で習慣的に行われており、
当時編集者だったコールソンもその事を知っていたという、
ホアによるこの事件の特集を発表した。

ロンドン警視庁がホアとの対談に失敗した事への弁護としてイェイツは言いました。
「問い合わせましたが彼は出ませんでした。彼はどこにもいなかった。
我々はニューヨークタイムズが早急な彼との連絡に全く役に立たなかった事に驚かされました。」

イェイツは警察とニュースオブザワールドが親密な関係にあり
徹底的な捜査がなされていないという、
ニューヨークタイムズからの報道を否定しました。
「もしそうなら貴方達はこのよろしくない
 関係を提示するのに協力しなければならない。」
 と彼は言いました。

マルカイアとニュースオブザワールドの
重役であるクライヴグッドマンの(電話盗聴という形での)
信念は将来巻き込まれるであろう民衆にとってとても抑圧的なものになるでしょう。

ニュースオブザワールドは今日「商業上の妨害」が
目的であるとしてニューヨークタイムズを起訴しました。

タブロイド紙でニューヨークタイムズの代表者はこのように発表しました。
「ニュースオブザワールドはこの事件について、証拠集めや、
彼らには出来ない事全般における協力を求めてきました。
それだけでなく、彼らの記事は、新しくも、
信頼にもおけない証拠を並べておりまた新聞の報道方針に反する、
匿名情報に比重を置いたものでした。」

「そうしながら彼らは更に自身の評判を落とし、また私達への嫌疑を確立しています。
私達はニュースオブザワールドによる悪い風習は絶対に認めません。」

特権委員会の調査した
「2008年中申し立てられ続けていた、
内務大臣の事務室からの書類の漏洩によって逮捕された
トーリー党下院議員ダミアン・グリーンの件」
についての判決が出そうだと下院議員達が発表した事で
特権委員会は今後の捜査の見通しが立ちました。

それは調査の承認を決定する議長のつもりでしょうが、
労働党の下院議員達は今回の多数に渡って行われた議員への
盗聴行為とロンドン警視庁の不十分な対応についての弁明を求めています。

秋月便り←こちらに登録

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。